呪術廻戦 じゅがい。 呪術廻戦

ただし、連続で使用したり、より強力なものを使用したりするほど身体への負荷がかかるほか 、乱用によって自身が呪言そのもののダメージを受けることもある。

コミックスの累計発行部数が200万部を超え、『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で1位、『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』で大賞を獲得した。

新田 新(にった あらた) 呪術高専京都校1年生。

やを生み出し操る術式の使い手である。

懐玉編では盤星教と伏黒甚爾の仲介を担当し、闇ので天内理子にをかけたり、彼女の世話人の黒井を拉致したりした。

学生時代の経験から、「非術師を淘汰し、呪術師だけの世界をつくる」ことを目標に掲げており、仲間の呪術師には「家族」として暖かく接し、特に若い呪術師には、たとえ敵対関係にあっても非常に尊重した態度を示す。

呪術高専2年の時、2級呪霊の討伐任務に失敗して死亡した。

そして、村の住人112人を皆殺しにし、さらに「実の家族だからと特別扱いするわけにいかない」という理由で、自身の両親も殺害している。

なお、この3名以外にも未受肉の個体が存在する。

84

には、社会的少数者としての呪術師の道徳的基盤を説き、それが後の「盤星教」となった。

重量による踏みつけや、鼻からの高圧放水を武器とする。

また、この領域では、「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」という、どう猛な魚の式神を大量に召喚する術式を発動できる。

また、「時間」による縛りを自ら課しており、普段は呪力を制限しているが、彼の定めた時間を超えて戦闘をすると呪力が上昇する特性を持ち、本人はこれをにたとえている。

また、身嗜みには気を使っており、全身からは常にいい匂いを発しているが、京都校の女性陣からは不快がられている。

「八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)」 歴代十種影法術師の中で、誰ひとり調伏できていない最強の式神であり、伏黒の奥の手である。

「奥の手」として、八握剣異戒神将魔虚羅という式神を有している。

しかし、虎杖は両面宿儺に支配される事がない『器』であり、両面宿儺を自身の中に封じている。

髪が長く、身体中継ぎ接ぎだらけの青年のような姿をしている。

2016年11月、のある学校で乙骨が同級生の男子生徒にイジメを受け、里香がその4人をロッカーに詰めたことで呪術師に捕らえられる。

3級呪術師であり、刀を用いた戦法を取る。

虎杖死亡後、呪霊の漏瑚達と手を組み始め、「人間を滅ぼし、呪いの世界を作る」ことを目標に掲げる彼らに、「五条悟の封印」と「両面宿儺の引き入れ」を提言する。

同級生から執拗な嫌がらせを受けていた乙骨は、里香が彼らに重症を負わせたことでに拘束され、を宣告される。

これらのことから伏黒達は、問題の呪霊は、八十八橋で作った結界の中で息を潜め、マーキングした人間をその内側から呪う個体であると推測し、3人は深夜に八十八橋の下で川を跨ぎ、呪霊の結界に入り込む。

52