Geckler 分類。 適切な検体とは

夜間はやむを得ないことも多いですが、嫌気の培養追加については昼しか検討できないことが多いです。
喀痰は唾液などの口腔成分が混入しやすいため、患者に採取法をよく説明し、最大限の協力を得ることが必要である。 先日の難しいスメアは行き過ぎなので少し簡単に解釈します。 便の場合ですが、疫学として腸炎をおこしている可能性のある菌はすべて検出した方が良いと思います。 しかし, 他の施設に確認すると, Gecklerの分類とMiller-Jonesの分類の両方を採用している施設が多いことがわかりました。 高木 康 昭和大学医学部教授 〈目次〉• しかし、膿性が強い痰はグラム染色にしても培養にしても何か出るだろうと思いが強くなりますが、そうでなければ菌が出にくいためテンションはMAXにならないことは経験上多いです。 100倍でみると、全て好中球なのですが、1000倍にすると、核がしっかり染まり、細胞質がはっきりしないものがみえ、好中球ではなさそうな気がするけど、リンパ球?上皮細胞?もしかして扁平上皮?と悩むことがあります。 Gecklerの分類は, 感染に伴う炎症の指標となる白血球数と雑菌混入の指標となる扁平上皮数を基準に, 顕微鏡的に喀痰の品質を評価する方法であり, 質問者の言われるとおり, これだけでも臨床上は問題ないと思われます。 ですが、一部核が偏在しているところを見ると円柱上皮になろうかと思います。 どんどん相談してほしい。 当院では救急患者や入院患者を対象に追加しております。
54 48