都電 路線 図。 都電路線図注釈

図の右方向が北です。

外濠線の車両のやり取りは 街鉄の線路を借りて行なっていました。

1km先まで残っていた模様) <土橋線> 都電 1962 昭37. 8 戦時中の休止区間の復活 昭和19年5月5日から休止 <淡路町線> 都電 〃 昭24. 15 - < 敗戦 > 空襲の被害による運休区間多数(本図では表現せず) 都電 1946 昭21. ポールの行灯の表記は「虎ノ門」で電車の横のホーロー看板は「「虎の門」。

以下、東京電車鉄道を 東電、東京市街鉄道を 街鉄、東京電気鉄道を 外濠線と略します。

上野-浅草間の単線時代の経路(合羽橋通り)の廃止時期• 歴史的にも地理的にも、できる限り正確を期すことを心がけましたが、実態を把握し切れていない部分もありますので、以下の点をお含みおきの上、ご覧になってください。

すれ違うときが大変なようです。

75

すると東京府知事は合併を認可、内務大臣が4銭への値上げを指示します。

都電5014号が超満員の乗客を乗せ四谷見附付近の勾配をかけ上がってくるシーンが、焼け野原の中でいち早く復興した都電の姿を印象づけていた。

教えを乞い、さらなる参考資料を教えていただきました。

こちらは 街鉄の 小川町です。

5 専用軌道を明治通りへ移設 新田裏は未復活 角筈〔2〕は四谷三光町寄り 旧経路は一旦休止 <角筈線><新宿線> 都電 1949 昭24. この線は、ともに単線一方通行です。

街鉄の 霞ケ関と 外濠線の 虎ノ門内の合流から、 外濠線の 葵橋の手前まで。

3月21日に 街鉄が、 俎橋と 飯田橋を開業。

そして4月13日には同じく 街鉄が、 三原橋と 蓬莱橋を開業させました。

41