ヒーリング っ と プリキュア キャラクター。 『映画ヒーリングっど プリキュア』にリラックマが出演 人気キャラクターのコラボが実現(リアルサウンド)

それ故に地球を癒すという使命感も非常に強いが、やる気が空回って失敗することもしばしば。
店のマスコットキャラクターである「ラベンだるまちゃん」を制作した。 妻は小林優子。 これらのことは結果的に取り戻せたものの、その後ちゆに大説教された他 、シンドイーネに指摘されて落ち込んだこともある。 ちゆに対しては、当初敬称(さん)付けで呼んでいたが、プリキュア覚醒を機に「ちゆちゃん」と呼ぶようになる。 テンションの高いお調子者だが、その反面、外見とは裏腹に「戦うことが楽しい」と豪語するほどの戦闘狂で、プリキュアに対しても「負ける気がしない」と自らの実力に絶対的な自信を持っており、時折邪悪な笑みを垣間見せることもある。 自身の体調不良が原因でビョーゲンズの侵攻を許してしまった際には何もできない自身の不甲斐なさに憤り、お手当てしたいという気持ちから単身ビョーゲンズに立ち向かうもののバテテモーダに捕まってしまい危うく殺されかける。 (CV:)• りりのクラスメイト(CV:不明)• また、これとは別に浄化されたメガビョーゲンが自らの力の宿ったかけらを残すこともあり、このかけらはグアイワルにより 「メガパーツ」と命名され、生み出した別のメガビョーゲンに取り込ませることで急成長させ、強化させることができる。 戦闘も終わりのどかたちは帰路につこうとしていたが、アスミに家がないことに気づく。
83
その後ラテも精霊に頼んで現場へ赴き、3人がメガビョーゲンと奮戦している処を目撃する。 のどかの体内で成長し彼女を苦しめていたが、後に彼女とラビリンが呼応したプリキュアの力で、彼女の体から追い出されることによって分離し、逃亡した「すこやか市」の山で前述のような姿へと変貌を遂げる。 日出夫と史の友人。 上層部 キングビョーゲン 声 - 郷田ほづみ ビョーゲンズの頂点に君臨する謎の存在。 すこやか市を去る途中でダルイゼンによってギガビョーゲンにされてしまうが、プリキュアたちによって救出された。 第44話では挿入歌として使用。
40
髪は金髪ので、後頭部でおだんごに結っている 髪型は四芒星型のハイライトが付いた金髪の猫耳型シニヨン付きツインテールであり、黄色のハートのティアラが装着される
それを聞いた精霊もラテの熱意を酌み契りを交わしプリキュアへと変身し、そして「風のプリキュア」キュアアースと名乗り3人に加勢する また、人間界の「生きてるって感じ」がするものや「花」を特に蝕む傾向がある
撮影監督 - 白鳥友和• 体の柔軟さで4人を翻弄して圧倒するも、キュアアースの空気のエレメントの力で動きを封じられたところを、グレースたち3人の合体技である「プリキュア・ヒーリング・オアシス」を受け、自身の敗北を悟りながら消滅した また、この能力を用いるためには風のエレメントさんの力が不可欠であり、エレメントさんのいないビョーゲンキングダムでは力を発動することができない
口癖は「めっちゃ」 この容姿ゆえ街では子供たちに 、ではに 逃げたペンギンと間違われて追いかけられるなどに見舞われることが多い
」の大ファン ニャトランと一緒に、光のプリキュア「キュアスパークル」に変身する
山岡 でも、その控えめなところものどかの人間的なよさだと思うんですよね また、ビョーゲンズの幹部に見られた4枚の黒い翼や、7本の赤い角が特徴
瞳の色と睫毛は水色 それを記念して、インタビュー記事の中から池田洋子シリーズディレクターとキャラクターデザインの山岡直子さんによる対談から読みどころを3回に渡り紹介します
ちゆとひなたはこの学校の生徒で、のどかは転入してくる 秀一(しゅういち) 声 - 孝太の同級生
日下 織江(くさか おりえ) 声 - すこやか市にてアロマショップを経営する女性 その後グレースたちに加勢しメガビョーゲンとバテテモーダを撃破、戦闘後3人と契りを交わし親友かつメンバーとなる