インコ 卵。 【獣医師監修】インコのケージにいつのまにか卵が…そんな時はどうする?

また、有精卵だとわかった卵は、極力人の手で触らないようにして下さい(後ほど説明する、抱卵放棄の問題があります)。

温度も高すぎると、活動性が増し、刺激となり得ます 粟玉を与えるのをやめて、剥き粟にしてあげる(粟玉には卵黄が添加されており、発情しやすくなる)• また窓際にカゴを移動したり、床に置いたり、風の強くない暖かな日は軒下に吊るすのも良いでしよう
肝機能不全 体内で卵をつくる過程で肝臓に負担がかかりすぎて肝機能不全がおこります 有精卵(雄と雌の同居が必要)のみ鳥は生まれます
雛が産まれて3週間は巣箱の中を掃除しないようにし、栄養価の高い餌と新鮮なお水を用意してあげましょう こういったことがないように 飼い主や家族は干渉しないように 協力してもらうことが大事です
最後の卵を産み終わったと思ったら10日間ほど温めさせ、その後一気に卵を取り除きましよう レントゲンでは卵はみられませんでした
お尻の穴から卵が見えていても、無理して取り出さないで、獣医師に処置は任せて下さい 大きく分けて4つのポイントをご紹介します
78
まだ卵が生きているようであれば 頑張って人工孵化にシフトしても 良いかもしれません。 糞やオシッコは出ていますか? 今まで卵を産んでいましたか? インコは年に1~3回くらい産卵しますが、オスがいなくても発情をして、4~6個の卵を2日間隔で無精卵を産みます。 卵詰まりを予防するためには、食餌管理や発情の抑制が必要です。 卵塞症(卵秘、卵詰まり、卵停滞、難産)の治療に備えたい方は以下をご参考ください。 単独飼育でもメスは卵を産む セキセイインコのメスは、だいたい生後6か月を過ぎると体も成熟し、体内で卵を作るようになります。 人間の生活に合わせた夜更かしのパターンは避けなければなりません。
72
インコの卵が孵化するのは、だいたい20日前後ですので、20日経っても孵化しない場合は、インコが卵から興味を失ってしまいます。 過剰な発情による過産卵は、正常な産卵をするために蓄えておいた体内の組織のカルシウム量を減少させて卵管が十分に収縮しないために、卵を排出できなくなります。 原因 異常産卵は、人工的な環境、食餌、遺伝、 生殖器疾患などからくる持続発情(長い間発情し続ける事)が原因と考えられます。 そして、巣箱や紙を噛って巣の材料にする行動をとります。 そういった場合は、 親鳥が落ち着いて 自ら巣箱から出てくるまでは 待ってあげましょう。 発情させないようにするポイントは• 触りすぎて卵が割れてしまうようなこともあります。 インコの有精卵は、だいたい20日前後で孵化しますので、その間は、インコにストレスを与えないようにしてあげましょう。