嘔吐恐怖症 克服した。 嘔吐恐怖症の原因と克服、治療方法

繰り返すことで、食べても吐くことはないことを頭ではなく、体で理解できるようになります。 吐き気は起こったが、吐くことはなかった。 また、体重も61㎏になり、食事量も倒れる前と同等の量を食べることができるようになりました。 心配性 例えばお酒を飲みすぎてお店で吐いてしまったとします。 その日を境に頭痛や目眩、食欲不振などの影響で吐き気に襲われる日々が頻繁に続きます。

でも、大学のときも、社会人になっても、恥ずかしいことしている人にたくさん出会いました。

それから、夜のカラオケや居酒屋は嘔吐する人がいるのではないかとビクビクし、できるだけ誘いも断り行かないようにしてしました。

嘔吐恐怖症の方は、「嘔吐」に対しての認知(ものごとのとらえ方)が歪んでしまっています。

一方、お店で吐いてしまったことを恥て、周りにとんでもない迷惑をかけてしまったと悔やみ、そんなことになってしまった自分に自己嫌悪を感じる人。

その他、閉所恐怖症、針恐怖症、男性恐怖症などなど、恐怖症は実に様々な対象に生じます。

48