南米 ゴキブリ。 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ

20
研究チームは最新技術を使って、発光を可能にしている生物学的メカニズムを調査分析した。 相手を引きつけたり、怖がらせたり、時にはある種の隠れ蓑のような役割も果たす」と、進化生物学者で『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座』の著者であるオリビア・ジャドソン(Olivia Judson)氏は述べる。 怖いよー!頼むから放さないで~ゴキブリ大嫌い!ゴキブリを好きな人は、なかなかいないと思いますのでよろしく… で、退治する方法ですが、ハッキリした情報は公開されていませんが、普通に考えたら日本のゴキブリ退治用のスプレーが効果ありそうでよね。 南米を原産とするゴキブリ「アルゼンチンモリゴキブリ」が千葉県内の野外で確認されたと2021年2月1日、共同通信が報じた。 このゴキブリは、ペットとして飼われている爬虫類や魚の生き餌として大量に輸入されており、一部が野外に放されたとみられる。 こちらが、千葉県船橋市で見つかった南米のゴキブリの子供の画像です。
ほかに昆虫が生体発光する目的としては、一般的なホタルのように、交配相手を引きつけるためという要素が強い 「アルゼンチンモリゴキブリ」は、爬虫類や魚などペットの生き餌として輸入されている種類だといい、繁殖が容易なため、新たな害虫となってしまう恐れもあるという
中でも目立つのは、画像を見てしまった人からの悲鳴の声だ 千葉県在住の会社員、加藤俊英さんと農研機構農業環境変動研究センター(茨城県つくば市)の山迫淳介研究員の調査で判明
緑色の光を発するゴキブリの一種「ルキホルメティカ・ルケ(Lucihormetica luckae)」 山迫さんは「外来種としてどのような影響をもたらすか分からないので、決して野外に出さないでほしい」と呼び掛けている
現時点で生態系への影響は不明だが、繁殖が容易なため在来種を駆逐したり、人間にとって新たな害虫となったりする恐れもある 農研機構農業環境変動研究センターの山迫淳介研究員のお話しだと、 「外来種としてどのような影響をもたらすか分からないので、決して野外に出さないでほしい」としています
現在では、この種は非常に希少なため、これ以上の標本採取は絶滅につながると考えられている コメツキムシ科のその昆虫は、毒を持っていることを捕食者に警告するために光を発している
現時点で生態系への影響は不明だが、繁殖が容易なため在来種を駆逐したり、人間にとって新たな害虫となったりする恐れもある 日中、コンクリートブロックの穴に潜んでいた=2018年4月(加藤俊英さん撮影・提供) 南米原産のゴキブリ「アルゼンチンモリゴキブリ」が1日までに千葉県の野外で確認された
アルゼンチンモリゴキブリは中南米の森林地帯に生息する大型のゴキブリの一種で、体長は最大5~6センチになる 現時点で生態系への影響は不明だが、繁殖が容易なため在来種を駆逐したり、人間にとって新たな害虫となったりする恐れもある
5