メンマ 作り方 本格 発酵。 乳酸発酵メンマのレシピ

乾燥によって蒸発する水分は自由水ですね。 うちは食べごたえ重視で大きめカットにしましたが、もう少し薄切りにしたり、根元の部分だけを使ったりすると見た目もラーメンに乗ってるあの感じに近づきます。 アク抜き処理のためにたけのこを長時間ゆでても、乳酸菌は死んでしまわないのでしょうか? 今回はアク抜き処理のため1時間半ゆでました。 この頃になると少し固めのタケノコを買ってしまうことがあります。 探し方が悪かった可能性もあるが、やはり日本に生えているタケノコでメンマ作りは不可能に思える。 たけのこのことをほとんど忘れかけていた12日目。 すぐに水で戻す。 戻したメンマは、醤油、みりん、酒、中華だしで味付けしたら完成。 お手軽に、というのであれば、市販のたけのこの水煮からでも、十分においしいメンマを作ることができますよ。
76
節をはずして節と節の間を切って使います 半割りか大きかったら4割くらいで・・そして茹でます。 生タケノコが出回るシーズンも終盤を迎えています。 天気のいい日に天日干ししよう お天気がいい日なら、4~5時間で上のように乾燥します。 メンマの完成! お皿に盛り付けて完成です。 真竹を炒める 短冊にきった真竹の水煮をごま油で炒めます。 (笑) 非常に唐突ではありますが。 その繊維がメンマの特徴的な食感を作っているのではないでしょうか。 もっと簡単に! 作り方とは? 塩漬けのかわりに、糠漬けを使用します。 /1~2日経ったところで汁の味を見る。 塩漬けにしてカラカラになるまで乾燥させた状態のものは、ジッパー付の袋に入れて脱気し、湿気の少ない冷暗所に保管すれば、半年程度は保存することができます。
自家製メンマの改善点 乳酸発酵と天日乾燥というメンマの製造原理を押さえた上で、今回のメンマ作りの反省点を考察します がんばってください
たけのこは足が速いので、2〜3日以内に食べきるようにしましょう 改めて本物のメンマを食べる
ここで疑問が出てきました メンマの作り方 乳酸発酵ですので塩漬けした桶にヨーグルトでもいれてみれば・・ 又はぬか床の糠でもいいかも知れませんね
今回は原料の生たけのこからメンマを手作りする方法のご紹介です 1か月以上、野菜室で保管してね 「1か月以上保管」って言いながら、chayo家の場合は忘れていて、1年近く塩漬けのまま 焦
/5を洗わずに5cmぐらいの長さ、3mm程度の薄切りにしてザルに広げ天日で干す 一般的に私達が食べているのは孟宗竹の筍
なんだか妙だ というか、よく染みていておいしい
ただ、本格的なメンマは1~2ヵ月ほど塩漬けし、数日かけて天日干し、さらに、1週間ほどかけて塩抜きするという時間と手間がかけられたものなのです 節の部分は固いので、そこは切り落として廃棄します
もっと簡単に乳酸発酵メンマをつくれないものか、ということで、今回は5日ほどでできる時短レシピをお届けします! メンマの決め手は「乳酸発酵」 昔、味噌作りの最中にカビが発生したとき、私は「食べ物にカビが生えるなんてあり得ない!本当に大丈夫なの?」と不安でいっぱいでした
普段よく食べている硬さ(つまり柔らかい)ではあるが、干したタケノコのたくましい歯触りに心地よさを覚え始めていた舌には少々物足りなく感じられる 発酵、恐るべし