ビジョナリー カンパニー。 優れた商品より優れた組織を作れ!ビジョナリーカンパニーとは?

特にクレジットカードとして馴染み深いアメリカン・エキスプレスや、ソニー、ウォルト・ディズニーなどは日本でも有名ですね。

新技術の導入、リストラ、他社の買収、一貫性のない新戦略などの対策をするが業績は回復しない。

ビジョンや理念は、会社をまとめるために作るわけじゃないんだから。

特に「長く活躍できる企業を作っていきたい」と考えている経営者には最適の本でしょう。

例えば、本書で紹介されている「基本理念」の一部を抜粋すると、次のようなものが挙げられます。

38
ここではその内容をベースに置きつつ、さらに一歩踏み込んで 日本企業が飛躍するための方法を考えてみたい。 こうして「基本理念を維持し、進歩を促す」経営理念を形にし続けているのがビジョナリー・カンパニーを傑出した組織にしています。 大半の社員は企業が調子の良いときには「ビジョン」に共感する素振りを見せるが、それが傾けば、あっさり企業を見限るものである。 もちろん、普通に考えれば、こんな役割の人を中小企業が抱えておくわけがない。 セールスコピーライティングのスキルをもっと詳しく知りたいあなたは、このページの下にある『無料の動画セミナー』をクリックしてご覧ください。
43
会社が小さいうちは、それでもよい。 サム・ウォルトン氏の自伝を読むとわかるのですが、彼はいまのようなスーパーマーケットの業態で成功する前に、いくつかの業態を試してきました。 かくしてビジョナリー・カンパニーは、こうした基本理念を徹底的に実践し、ナチュラルに組織内に拡げていくために、他の企業の理念に染まっていない新卒採用に力を入れるという特徴を持っています。 本書によれば、ビジョナリー・カンパニーに共通する経営理念はたったの一文で表現できるといいきます。 もちろんそれは、「コントロール」が楽しいからである。 ・最高経営責任者(CEO)が世代交代している ・当初の主力商品(またはサービス)のライフ・サイクルを超えて反映している。 ビジョナリー・カンパニー 時代を超える生存の原則 日経BP社) そうだ。
73