監督 指針。 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 : 金融庁

II -3-1-1 不祥事件等に対する監督上の対応• II -2-4 生命保険会社の区分経理の明確化• III -3-1-6-1 履行保証• III -2-1-3-3 「区分等を定める命令」第2条第1項に規定する合理性の判断基準• IV -1-6 免責事由• III -1-7 災害における金融に関する措置• II -2-1 責任準備金等の積立の適切性• III -2-3-4 流動性リスク管理• III -6-2 行政手続法との関係等• IV -5-1 保険料• IV -5-3 契約者価額• III -3-10-2 主な着眼点• III -1-8 保険会社に関する苦情・情報提供• III -2-3-2-5 信用リスク削減手法• III -2-1-2-1 意義• III -3-2 面談等を行う際の留意点• III -3-6-1 意義• II -4-3 苦情等への対処(金融ADR制度への対応も含む。 III -10-1 意義• II -3-14 監督手法・対応• 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律に基づく金融監督に関する指針 本文( ・ )• II -3-3 リスクの測定• なお、筆者は、金融庁企画市場局市場課において、この市場WGの事務局として企画立案に関与しましたが、本稿の内容は筆者個人の見解に基づいており、筆者の現在または過去の所属先等の見解を示すものではありません。 V -3-3-6 銀行とその証券子会社等の関係• II -2-1-5 計画の進捗状況の報告等• もっとも、このような高度なサービスに見合う費用や時間を負担する意向や資力を持つ顧客ばかりではないでしょうから、 顧客の意向を確認したうえで、サービスのレベル(サービスメニュー)に差異を設けることも現実的な対応と考えられます。 III -11-2-1 意義• VII -3-3 グループベースの報告態勢• III -5-2 監督手法・対応• II -5-1 保険会社の事務の外部委託• III -6-2-1 意義• IV -3-5 約定履行費用保険の取扱い• II -1-4 財務局との連携• IV -1-15 団体保険又は団体契約の取扱い• 顧客の意向を確認した上で、まず、顧客のライフプラン等を踏まえた目標資産額や安全資産と投資性資産の適切な割合を検討し、それに基づき、具体的な金融商品・サービスの提案を行うこと• 顧客本位原則は、次の7つの原則と、各原則に付された(注)から構成されています。 ここでは紙幅の関係で説明をしませんが、(注)を含めると全部で19の内容が盛り込まれています。 III -6-2-2 成長可能性を重視した融資等の取組みに係る基本的考え方• V -1-1 登録の申請書• III -3-7-3-2 主な着眼点• II -1-6 個別銀行に関する行政報告等• III -2-1 苦情等を受けた場合の対応• III -3-8-1 意義• VII -3-6 グループベースの再保険に関するリスク管理• 金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針 日本語版本文( ・ ) 英語版( )• III -2-1-3-4 命令区分の根拠となる自己資本比率又はレバレッジ比率• III -2-3-3-3 監督手法・対応• II -5-4 秩序ある処理等の円滑な実施の確保• 顧客本位原則も監督指針も、業態を超えて多くの金融事業者を対象としており、これら改定案は実務に大きな影響を与える可能性があります。 II -1-3 品質管理• III -3-10 海外業務管理• 貸金業者向けの総合的な監督指針 本文( ・ )• 2020年3月末時点において、金融事業者によるこれらの取組の実施状況は次のとおりであり 、 金融業界において顧客本位原則に基づく取組が着実に浸透していることがわかります。 III -3-5-3-2-1 意義• 投資信託委託業者及び投資法人等並びに証券投資顧問業者等の監督等にあたっての留意事項について (平成19年9月30日廃止)• V -3-3-2 他の事業者の貸出金等に係る担保財産(不動産を除く。 III -4-8 議決権の取得等の制限• III -11-3-2 主な着眼点• IV -2-1 逓増定期保険• III -3-1-2 役員による法令等違反行為への対応• III -3-1-3-2 偽造紙幣・硬貨等• II -1-2 検査・監督事務の具体的手法• VII -2-3 認可後の監督において留意すべき事項• II -3-4-1 システムリスク• III -2-1-3 早期是正措置• 具体的な金融商品・サービスの提案は、自らが取り扱う金融商品・サービスについて、各業法の枠を超えて横断的に、類似商品・サービスや代替商品・サービスの内容(手数料を含む)と比較しながら行うこと• IV -4-2 基礎率変更権を行使する認可申請の取扱い• III -11-6-2 TLACを利用した秩序ある処理等• 1.過去の資料も保存 『監督指針』は金融庁ホームページ(トップ画面の「法令・指針等」)で公開されていますが、いわゆる『上書き更新』であるため、改正前の資料が消えてしまいます。 V -1-2 登録申請書の記載要領等• III -11-2-2 着眼点と監督手法・対応• II -3-1 意義• VIII -3-2-3-1-1 許可番号• III -3-10-3 監督手法・対応• VIII -3-2-2-1 財産的基礎に関する審査• VIII -3-1 一般的な事務処理• 顧客本位の商品提案力の向上と適切なフォローアップ (1)改定の内容 原則 6【顧客にふさわしいサービスの提供】に次の(注1)が追加されます。
57
II -1-2 主な着眼点•。 顧客本位原則を採択した金融事業者は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針(以下「取組方針」といいます)を策定・公表することが求められています。 III -4-2 「その他の付随業務」等の取扱い• したがって、改正前の資料も手元に置くようにすれば、改正点の把握などが容易になります。 II -5-6 予備審査• IV -5-4 過去の損害率等による割増引の適用• 金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針 令和3年1月 I-1 I-2 I-2-1 監督指針策定の趣旨 I-2-2 本監督指針の構成 II-1 II-1-1 監督事務の進め方 II-1-2 監督事務の具体的手法 II-1-3 品質管理 II-1-4 一般的な監督事務 II-1-5 監督部局間の連携 II-1-6 自主規制機関との連携 II-1-7 内部委任 II-1-8 金融商品取引業者等が提出する書類等における記載上の留意点 II-2 II-3 II-3-1 法令照会 II-3-2 法令適用事前確認手続(ノーアクションレター制度) II-3-3 グレーゾーン解消制度 II-4 II-4-1 行政指導等を行う際の留意点等 II-4-2 面談等を行う際の留意点 II-4-3 連絡・相談手続 II-5 II-5-1 検査結果等への対応 II-5-2 金商法第51条から第52条の2第1項までの規定に基づく行政処分(業務改善命令、業務停止命令等) II-5-3 登録金融機関に対する処分に係る留意点 II-5-4 検査結果に基づく監督上の処分に係る標準処理期間 II-5-5 金商法第51条又は金商法第51条の2の規定に基づく業務改善命令の履行状況の報告義務の解除 II-5-6 行政手続法等との関係等 II-5-7 意見交換制度 II-5-8 関係当局・海外監督当局等への連絡 II-5-9 不利益処分の公表に関する考え方 II-6 III-1 III-2 III-2-1 法令等遵守態勢 III-2-2 金融商品事故等に対する監督上の対応 III-2-3 勧誘・説明態勢 III-2-3-1 適合性原則・誠実公正義務 III-2-3-2 営業員管理態勢 III-2-3-3 広告等の規制 III-2-3-4 顧客に対する説明態勢 III-2-4 顧客等に関する情報管理態勢 III-2-5 苦情等への対処(金融ADR制度への対応も含む。 III -7-3 監督手法・対応• V -3-2 「その他の付随業務」等の取扱い• 認可特定保険業者向けの総合的な監督指針 本文( ・ )• VII -3-7 グループベースの資産運用リスク管理• VII -5-1 再建・処理計画の策定• 「(1)特定保険契約の内容の適切な把握 保険会社及び保険募集人が販売・勧誘する個別の特定保険契約について、そのリスク、リターン、コスト等の顧客が特定保険契約の締結を行う上で必要な情報を十分に分析・特定しているか。 今回の改訂案では、主に原則5【重要な情報の分かりやすい提供】、同6【顧客にふさわしいサービスの提供】、同7【従業員に対する適切な動機づけの枠組み等】の3カ所で改訂がある。 VIII -3-2 許可申請に係る事務処理• まず、顧客の最適なポートフォリオの検討として、 顧客の属性と目標(時期・金額等)を把握して顧客のポートフォリオのリスク・リターン水準を決定し、これを踏まえて顧客にとって適切な資産クラスの配分比率を検討することが考えられます。
68
II -2-2 統合的なリスク管理等• さらに、特定保険契約の内容が顧客の属性等に適合することの合理的根拠があるかどうかの検討・評価を行うことが必要である。 II -2-2-1 統合的なリスク管理• II -3-10 再保険に関するリスク管理• III -3-7-1-2 主な着眼点• III -3-1-6 不適切な取引等• III -4-4 大口信用供与• また「注4」と「注5」で文言の入替による構成の変更がある。 III -5-3 監督手法・対応• III -3-3-3-2 主な着眼点• 少額短期保険業者向けの監督指針 本文( ・ )• III -6-4-1 意義• III -11-1 意義• VIII -5-2-2 所属銀行による銀行代理業者の業務の適切性等を確保するための措置(法第52条の58、施行規則第34条の63)• III -6-3-3 監督手法・対応• II -2-2-2 早期警戒制度• III -2-1-4-1 意義• III -6-3 意見交換制度• II -5-3 意見交換制度• III -6-4-2 主な着眼点• III -1-2 検査・監督事務の具体的手法• (注1)重要な情報には以下の内容が含まれるべきである。 III -1-2-1 監査役会設置会社である銀行の場合• II -2-5 市場リスク• III -6-2-3 監督手法・対応• III -3-4 グレーゾーン解消制度• III -2-11 保険主要株主• III -3-1-2-1 意義• II -4-7 顧客の誤認防止等• 特に、法令に書かれていない表現があれば、そのまま所見問題等に当該表現を用いて解答すれば、試験委員の「受け」が良いかもしれません。 主要行等向けの総合的な監督指針 令和2年12月• V -2-2 保証金の取戻し• III -8-2 平時における対応• III -4-17 金融機能強化法に関する留意事項• II -3-4 グレーゾーン解消制度• II -5-4 関係当局・海外監督当局等への連絡• II -5-3 報酬体系• 実施しない場合にはその理由や代替策を、 分かりやすい表現で盛り込む とともに、これに対応した形で取組状況を明確に示すことが求められる。 VII -4-1 グループコンプライアンス(法令等遵守)態勢• IV -1-16 団体扱・集団扱の取扱い• V -3-1 保証金の一部に代わる保険仲立人賠償責任保険契約による保証金の一部の代替• 金融コングロマリット監督指針(令和元年12月18日廃止) 本文( ・ )• 外国銀行代理業務に関するQ&A• 顧客に対して販売・推奨等を行う金融商品の組成に携わる金融事業者が販売対象として想定する顧客属性• このように、日常生活で用いる言葉(分別管理など)を組み合わせることで、保険特有の専門用語が作られている場合、そこからの出題可能性も高いと考えられます。 III -3-2-5 主な着眼点• VIII -4-2-5 二以上の所属銀行等から銀行代理業を受託する場合の措置• III -3-3-1-2 主な着眼点• III -3-2-4-5 自己資本の充実の状況等の開示(施行規則第19条の2第1項第5号ニ、第19条の3第1項第3号ハ、第19条の5、第34条の26第1項第4号ハ、及び第34条の27の2関係)• III -2-1-3-1 意義• V -2-3 保証金の全部又は一部に代わる契約の解除又は変更• (前略) (金融事業者が策定・公表すべき顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針)には、下記原則2~7 (これらに付されている(注)を含む)に示されている内容 毎に について、• VII -3-2 主な着眼点• II -2-1 相談・苦情等を受けた場合の対応• VIII -4-1 意義• そこで、是非活用したいのが、金融庁ホームページ(特に、パブリックコメント)でして、所望の『新旧対比表』を含めた周辺情報が惜しみなく公開されていることが多いです。 III -3-4-1-1 意義• II -1-5 預金保険機構が行う検査との連携• III -11-3 外国法準拠の契約に対してステイの決定の効力等を確保するための対応• IV -1-11 法人等向け保険商品の設計上の留意点• 5.穴埋め問題 区分経理の資産区分について、「資産分別管理方式」、「資産単位別持分管理方式」および「資産持分管理方式」に関する穴埋め(実際の出題では前2つの用語)が、2018年度(生保2)問題1(3)で出題されました。
65