江古田 浅間 神社。 江古田浅間神社の富士塚登拝 東京都練馬区小竹町

社伝によると、承平元年(931)6月、夏山芽原浅間(当地)に雪が降り、この山がいかにも富士山に似ているので、村人が登ってみると御神体と思われる石を拝した。

御朱印. 晴れ気味の曇りといったところで、塚に登るだけで汗をかく気温と湿度。

入り口。

参拝後はすぐ近くの商店街の飲食店で一休みするのもよいが、境内入口すぐ横にある鉄道横断トンネルを通って西武池袋線の反対側に出ると飲食店や居酒屋が多くある。

これに驚いた双方は争いをやめ、共有の氏神として祀ることにし争いを収めたという伝説が残る。

もともとは近隣に住んでいた大学の先生の庭に飾られていたもので、海外に引っ越しをされる際に先々代の店主へ寄贈されたそうです。

そして近くに斎場があり、そこの納骨堂に、 祖父、祖母、叔父の遺骨が納骨されています。

毎年9月の2週目の週末に行われています。

今回は富士塚の登拝をしていないので、いずれかの折にタイミングを合わせ再訪したい。

ふらふらと近づいて見ると、 どうやら例大祭が行われているようです。

「練馬の神社」(練馬区教育委員会)• 現在の店主・山田浩康さんの祖父の代に始まり、すでに90年以上の歴史がある銭湯なのです。

前回来た時は閉まっていた前の鳥居。

正月三ヶ日、7月1日の山開き、9月第二土曜日曜の午前9時から午後3時までのみ登山できる。

下山して振り返ったところ。

んで、豆まき、、、 結局行かないで、駅周辺をぶらり。

四合目。

一合目。

江古田浅間神社|国指定重要文化財・江古田の富士塚 江古田浅間神社の概要 江古田浅間神社は、練馬区小竹町にある浅間神社です。

最初から富士塚に登る予定で来るならば、そういう靴は選ばないでください。

当社の創建は不詳。

1979 昭和54 年5月21日、都内の他2ヶ所の富士塚 ・ とともに国の重要有形民俗文化財に指定されている。

そしてもう一体のたぬきが休憩スペースにも。

境内の歌碑に「果てもなきこの武蔵野の茅原に富士ばかりこそ山は見えけれ」とあり、一名茅原浅間神社(かやはらせんげんじんじゃ)とも呼ばれた。

7