ソリスト サンダー。 【門司Sレース後コメント】ソリストサンダー吉田隼人騎手ら

【G1ドキュメント・栗東=17日】21年JRA・G1開幕戦フェブラリーSを週末に控え、気持ちが高揚しているのか新谷はセットした時間より、20分も早く目が覚めた。

レース後のコメント 1着 「ゲートを出て、流れが速い中ついて行き過ぎたかと思いましたが、待ってもしかたがないので目標をもっていきました。

折り合いを確かめながら、ラスト2Fから加速 「早めに先頭に立ち、負けるような形になったのに差し返しました
1馬身1/4差の2着に11番人気、さらに2馬身差の3着に2番人気が入った 今年最初の・GIで厩舎悲願の重賞初制覇を狙っている
ギャラクシーS5着ロジクライ(牡8=須貝)は欅S(29日、東京)へ ところが20年夏に中距離路線に矛先を向けた途端、劇的な変貌を遂げた
18年3月に開業した43歳の若きトレーナーにとって、このフェブラリーSが初のJRA・G1参戦となる 高柳大師が切り出す
は栗東・の6歳牡馬で、父、 母の 勝ちタイムは1分44秒5 良
「能力の高さは佐藤正先生からもお墨付きをもらっていたんですが、とにかくテンションが高い馬で… 5代血統表 2008 栗毛 [][] Danzig系 2002 黒鹿毛 [][] 1994 栗毛 [][] 1982 鹿毛 1987 栗毛 1995 黒鹿毛 [][] 1980 鹿毛 1990 鹿毛 1996 黒鹿毛 [][] 1987 栗毛 [][] 1978 栗毛 1977 栗毛 1983 芦毛 [][] 1971 芦毛 1978 鹿毛 2006 黒鹿毛 [][] FNo. 本番に向けて大いに夢が広がる走りを見せてくれたからだ
一回前に出ましたが、勝ち馬に差し返されてしまいました この一年はコ感染防止対策もあってなかなか厩舎にお邪魔することもかなわず、あまりお話をさせていただけていないのが心残り
推進力を生み出す重要なところ GI初挑戦でVを射止めそうな雰囲気が漂っている
前走・門司Sは別定58キロを背負いながら良馬場のダート1700メートルで1分44秒5の好時計を刻み、オープン初勝利を手にした 元広告営業マン野郎・鈴木邦宏 東京スポーツ. 近年では2014年コパノリッキー、16年モーニン、19年インティがGI初挑戦で優勝したが、躍進の目覚ましいソリストサンダーなら先輩達に続いても不思議ではない
94

マーチS7着スワーヴアラミス(牡6=須貝)は平安S(22日、中京)に登録。

初の1700メートル戦だった檜山特別 5着 から掲示板外はただの一度もなく、目下6戦連続で馬券圏内の好戦を続けている。

通算成績は22戦5勝。

短距離を使っているときは勝ち切れない感じだったが、1700メートルを使い出してからポンポンと成績を残すようになった。

フェブラリーSの2日目は、大阪サンスポの佐藤将美記者が、栗東トレセンでソリストサンダーに注目した。

そして、 21日、東京ダート1600メートル と同舞台で行われた秋ので確かな手応えをつかんだ。

実力伯仲で、例年にない混戦ムードだ。

堅実にはなってきています」 ラジオNIKKEI. 一度並ばれても、もう一段ギアがありました。

サンライズノヴァには敗れたが、ここでも印がつきそうなエアスピネル、ワンダーリーデルなどには先着している。

91