オープン デフ。 LSD講座 その1

物理的な機構としては、油圧で摩擦板の圧力を調整することで効きを調整する油圧式、電磁クラッチを利用する方式の2種類がある。 これとは対照的に、デフロック作動時には同じ車軸に固定された左右車輪は、各車輪のトラクションの状態に関係なく、ほぼ全ての状況下で同じ回転数で回り続けるようになる。 BC2634年 中国の伝説のによりが用いられていた。 元々曲がりにくいFF車に使うのが一般的ですが、4WDのフロントに組まれることもあります。 脱出性向上 一般 オープン デフの構造 デフの内部は以下の通りの構成となっています。
2
つまりLSDを入れることにより曲がりにくくなってしまうのです! ただスポーツ走行においては、コーナーの立ち上がりや、ブレーキング時の安定性の方が重要なために採用されています。 差動装置のない四輪車 [ ] などで見られる車輪単位で動力が伝えられるような形式(など)の場合、差動歯車は必要ない。 後述する LSD と比較する場合は オープンデフともいう。 ただし、このような手法は溶接によって母材の金属組成が変化し、重負荷下で溶接箇所の破断などが発生するリスクが伴うため、本来は余り推奨はされていない方法である。 V字溝角度が左右対象であるもの・・・「2WAYカムタイプ」と呼ぶ。
98