鬼滅の刃 192話。 鬼滅の刃 197話 ネタバレ 瀕死の“柱”たちが集う先とは

みんながやられた理由、それは、無惨の背中の九本の管(くだ)と両腕、それを上回る速度の管を八本、腿(もも)から出して攻撃していた。

5

【192話時点最新情報更新】 192話で、炭治郎は夜明けまで12個ある型で攻撃し続けるのは体力的に不安だと考えました。

烈日紅鏡(れつじつこうきょう)• 善逸から教えてもらった雷の呼吸による強烈な踏み込みからヒントを得た渾身の横薙ぎ。

縁壱が日の呼吸を見せてくれたおかげで無惨と戦える力を得れていること。

また、無惨の攻撃はを通してらにまでダメージを与えていた。

目が良いものほど残像を捉えることになる。

その呼吸をする炭治郎。

84