キャリア アップ システム。 建設キャリアアップシステム登録は強制?それとも任意?

昨年(2020年)の7月頃に、仕様誤りのためシステム改修中ということでしたが、今現在でもシステムは改修されていません。

就業実績や資格などの情報だけで、力量を証明できるとは到底思えませんが、技能者一人一人の技能や経験をしっかり認め、育てようとする仕組みです。

外国人技能実習生を受け入れる場合は登録が必要 外国人技能実習生を受け入れる場合には、建設キャリアアップシステムへの登録が必要です。

このコラムは建設キャリアアップシステムをテーマに作成しているため、見直しの詳細については省略させていただきます。

支払い者は、職人個人となります。

ですので、会社が建設キャリアアップに前向きではなくて登録をしておらず、仕方なしに自分で技能者登録をしたなんて方は、カードの色を変える事は非常に困難となります。

義務化発表後は駆け込み需要から、費用負担の増加や登録までに必要な期間が長引くことが予想されますので、なるべく義務化前に済ませておくようにしましょう。

建設キャリアアップシステムの登録後にはどんな操作が必要になるの? 建設キャリアアップシステムに登録後は当然にシステム操作が必要になります どのような操作が必要なのか、必要な操作がわかったとしてもその操作をするには どうすればいいのかわからないなど システムの活用方法がわからなければ 登録した意味がありません その登録後の操作方法についても前述した膨大なマニュアルを読むしかありません 非常に面倒で意気消沈しちゃいますね・・・ このように建設キャリアアップシステムに登録するにはどうしても 乗り越えなければいけないハードルがあり、これらのハードルが 「登録するデメリット」に直結しているのでは?と私は考えます この 建設キャリアアップシステムそのものはデメリットと私は考えておりません なぜならこのシステムは、皆さんが今まで積み上げてきた実績を 今後の建設業を支える柱としていくわけですので、 決して建設キャリアアップシステム自体にデメリットが存在するわけではありません しかしながら費用の面に関してはどうしても必要なことなのでデメリットと感じやすくなるかも しれませんが、それ以外の部分ではどうでしょうか お金もかかる上、登録画面で四苦八苦・・・そんな登録のすべてをご自身が抱える必要がないのでは ないでしょうか 建設キャリアアップシステムに登録しないことによるデメリット 先ほどは登録するまでのデメリットを書きましたが、 今度は 登録しないことによるデメリットについて記載します 現在、建設キャリアアップシステムの登録は任意ではありますが、大手ゼネコンは 建設キャリアアップシステムへの登録を推奨しています ということは、そのゼネコンが管理している現場に入るときは建設キャリアアップシステムに 登録していないと入れないということになります これがまず、建設キャリアアップシステムに登録していないことによるデメリットとなります これは大変なことです 仕事をもらえないということですから・・・ 大手ゼネコンも下請事業者に仕事を振れなくなるので、下請事業者に建設キャリアアップシステムに 登録するようプレッシャーをかけてきているという話をたまに聞きます その他には、建設キャリアアップシステムに登録することによって、公共工事の入札や 経営事項審査の評価点が加点されるということがありますが、地域によって多少異なります 一概には言えませんが、やはりこの加点といったことを鑑みると 建設キャリアアップシステムに登録しないことによるデメリットとなります 失敗しないシステム導入のポイント 前項を踏まえて、 「建設キャリアアップシステム導入に失敗しないポイント」とは 何かを本項で紹介したいと思います せっかく事業者さんや技能者さんが導入への一大決心をして望むキャリアアップシステムですので 失敗する可能性は極力排除しなければいけません それでは 「建設キャリアアップシステム導入に失敗しないポイント」を探っていきましょう! 失敗しない運用を行うこと 私は建設キャリアアップシステムの運用成否のポイントは「導入初期」であると考えています 事業主さんや技能者さん、事務員さんなど多くの会社関係者が初めてシステムに触れ合う時期が 初期が大切なのです 初期のシステム操作はそう多くはありませんし、そう難しくもありません しかも今後、ずっとその操作を繰り返します。

元請け事業者から発注先事業者への登録を推奨するパターンも多く、 建設キャリアアップシステムを登録している会社へ発注先を切り替えるケースもあります。

ただし1人親方の場合は、 「事業者」と「技能者」の 両方の登録申請が必要となりますのでその点は注意しましょう。

47 89
当初は運用開始初年度(2019年)で100万人の技能者の登録、そして5年で全ての技能者(約330万人)の登録を目標として掲げていましたが、本格運用開始時には僅か2万人ほどしかありませんでした いくつかの事例を紹介します
そのため、技能者の保有資格や経験、社会保険加入状況の確認が簡単に行え、現場管理が効率的に行えます また外国人の方は在留カードなど外国製の証明書類も必要になります
また、登録の順番としては、ます 事業者登録をして事業者IDを取得してから、その事業者に所属している技能者登録をするという手順が基本になります 技能を適正に評価され処遇改善につながる 建設キャリアアップシステムはもともと業界の人手不足を解決する手段として、技能者の処遇改善を目的に作られた仕組みです
登録完了(事業者ID、管理者IDが発行) 支払いが完了すると、事業者IDが事業者の登録責任者宛てに送られます そして、その判定基準は画一的なものではなく、 職種ごとにレベル2以上に該当する条件が異なってきますので、該当する職種の能力評価基準を確認しなければなりません
国土交通省と建設4団体とで交わした約束では、2023年には建設キャリアアップシステムをすべての現場で原則化とするようです 入札に参加する事業者、雇用する技能者が登録している場合、評価点を2点上乗せ