専務 と 常務 どちらが 上。 知っておかなければいけない!?「専務」と「常務」の違い

「専務」と「常務」の違いとは? 「専務」と「常務」はどう違うのか、上下関係はどうなっているのかと疑問を持つ人が多くいますが、実は、会社法などの法律は定められておらず、会社によっては「専務」と「常務」の上下関係が変わったり、どんな力を持っているのかが違うということも多いのです。

つまり企業にとって経営に携わる非常に重要な役職であることが分かります。 会社の規定によって明らかに違うとは言えませんが、一般的には「専務」は会社の意思決定など重要な場面で社長を補佐し、「常務」は経営面において社長を補佐する役割があります。 役員という名前がついているため紛らわしくなっていますが、扱いとしては執行役ではなくて従業員になります。 実際に会社によっては「専務」と「常務」の上下関係が変わっていたり、仕事内容が異なることもありますが、そこの会社に属しているからにはしっかりと、知っておきましょう。 そもそも、専務や常務、取締役は、企業内でどのようなポジションなのでしょうか? 専務・常務・取締役は、部長や課長といったポジションとは、役職の種類が異なります。 個人の人生のビジョンや目標にもよりますが、専務や常務、取締役などが含まれる役員のポジションは、部長や課長などを含む多くの従業員の、目標やゴールとなっている場合も多いようです。 なお、ほかにもここで挙げた以外の役職を設けているところも多数あります。 なお、専務や常務は一社に1名だけとは限りません。 ひとつは取締役や会計参与、監査役、執行役、理事、監事など、法律で役員と定義された役職です。
その為、会社におけるポジションの上下関係はしっかりと知っておかなければおらず、上下関係やポジションを知らないと、恥をかいてしまうだけではなく、大きなミスにも繋がってしまう事もあります。 「専務」と「常務」はどちらが上? 「専務」と「常務」どっちが上ということはない 結論から言うと「専務」と「常務」は、法律的にはどちらが上ということはありません。 役員としての職務や社内での序列は、専務取締役とほぼ同じです。 どちらが上かは会社によって異なり、 常務の方が立場が上であるという会社もあるでしょう。 会社を代表する代表取締役が上で、他の取締役は下ということになりますが、代表取締役の選任や解任を決議するのは取締役会ですから、過半数の取締役は代表取締役よりも権限が強いと見ることもできます。 常務 社長の補佐役として会社の日常的な業務を行う。 常務執行役とは 常務執行役は、指名委員会等設置会社という新しい形態の株式会社において、経営と業務執行を分担するために、取締役会の決議で任命される「執行役」のひとつです。
1