Fc 刈谷。 FC刈谷

さらに財政難でクラブの存続が危機的であることが明らかになった が、2011年もチームが存続することが決まった ことから運営費を削減、プロ契約の監督だったがリーグ戦終了後に退団となり、選手兼コーチだったが現役引退して、2011年より監督就任が発表された。

1993年、1995年• プレスリリース , , 2019年4月20日 , 2019年4月23日閲覧。

関連項目 [ ]• 2009年までは前年度の決勝リーグ出場地区(最大4)については、次年度の同大会事実上のシード枠として2位のチームにも出場できる権利があったが、2010年からシード枠が事実上廃止となり、東海リーグで優勝するかで3位以上の成績を収めない限り同大会出場ができなくなった。

「」も参照 シーズン終了後にの監督退任と選手兼コーチだったのからの監督就任が発表された。

2010年10月7日付• また10選手が退団した。

また、運営母体として「 かえるスポーツクラブ」が発足した。

- 2002年:• は3位に入り、2001年にはがの年間得点王を獲得した。

71

2016年 - 2018年:• 事務局 新着ニュース マスクを必ず持参してください。

しかし、敗戦は1敗のみであったが引き分けが多く優勝したに一歩及ばず2位でリーグ戦を終えて、一年でのJFL復帰はならなかった。

前期終了後に「退任を起爆剤として選手達にはプライドを持ってやりきってもらいたい」を理由に安原成泰とGMの(刈谷市出身)、コーチ2人が退任。

位置 背番号 氏名 フリガナ 身長 体重 前所属チーム 出身校 GK 1 小林 耕大 コバヤシ コウダイ 171 71 名古屋大学 名古屋大学 DF 2 吉田 篤人 ヨシダ アツヒト 175 58 羅針盤倶楽部NAGOYA 岡崎城西高校 DF 4 深津 英心 フカツ エイシン 172 64 東海学園大学 東海学園大学 DF 5 平松 侑一郎 ヒラマツ ユウイチロウ 168 60 東海学園大学 東海学園大学 MF 6 伊藤 優希 イトウ ユウキ 172 64 東海学園FC 東海学園大学 MF 7 谷口 明慈 タニグチ アキヤス 169 66 岡崎工業高校 岡崎工業高校 MF 8 稲留 楓 イナドメ カエデ 170 76 東海学園FC 東海学園大学 DF 9 田中 博和 タナカ ヒロカズ 165 60 富士松FCサンターナ 東海学園大学 MF 10 藤田 章太郎 フジタ ショウタロウ 168 60 東海学園FC 東海学園大学 FW 11 家森 大輔 イエモリ ダイスケ 172 68 久枝FC 立命館大学 FW 14 加藤 一也 カトウ カズヤ 186 75 SHARKS 岡崎城西高校 MF 15 石川 信秀 イシカワ ノブヒデ 167 63 産業能率大学 産業能率大学 GK 16 喜多 翼 キタ ツバサ 180 79 富士松FCサンターナ 大同大学 FW 17 古橋 雄司 フルハシ ユウジ 175 73 東海学園大学 東海学園大学 MF 18 横井 涼也 ヨコイ リョウヤ 165 65 中部大学 中部大学 FW 19 沓名 堅也 クツナ ケンヤ 184 72 東海学園FC 東海学園大学 GK 21 吉田 稜 ヨシダ リョウ 170 65 レイジェンド滋賀FC 東海学園大学 MF 22 大海 翔平 オオガイ ショウヘイ 171 62 東海学園FC 東海学園大学 MF 23 杉原 諒省 スギハラ リョウセイ 172 74 流通経済大学 流通経済大学 MF 24 西村 虎博 ニシムラ コハク 165 60 FCLEONE 京都共栄学園 MF 26 加藤 弘也 カトウ ヒロヤ 172 62 中京大学体育会サッカー部 中京大学 DF 29 市瀬 岬 イチノセ ミサキ 183 75 東海学園FC 東海学園大学 DF 30 平野 啓太 ヒラノ ケイタ 180 64 AS刈谷NEXT 三好高校 アクセス. 2019年、で優勝して7年ぶりの出場を決めた。

JFLではJリーグと違いの制度がないため大学チームに在籍しながらのJFLチームでの試合は認められていないため、大学のチームの選手登録を抹消してFC刈谷の選手として選手登録した。

その後とは2010年2月にFC刈谷へ完全移籍で再加入した)。

またシーズン途中で前年まで主力だった篠川雅仁を呼び戻したり、FC岐阜からを期限付きで、から、さらにから在学中の3選手を獲得した (なお、うち2人は11月をもってFC刈谷を退団。

入れ替え戦に出場したがに敗れて、15年ぶりに東海リーグへの降格となった。

2018年は新オーナーにデンソーサッカー部時代に在籍していた選手OBでもある投資家・実業家の長谷迅が就任。

25
また、同年にへの社名変更に伴い デンソーサッカー部にチーム名も変更した
FC刈谷(エフシーかりや)は、を本拠地とする社会人クラブ その間に5月31日の戦から8月2日の戦まで10連敗(6試合連続無得点)を喫した
シーズン終了後主力7人がチームから離れた 結果、目標勝点52に一歩及ばない51まで伸ばした
しかしその後も成績は振るわず、16位で2007年シーズンを終えた に 日本電装サッカー部として創設され、にクラブ化すると共に FC刈谷へ名称変更した
鳥取戦以降は5勝3分1敗と持ち直したものの、17位の成績 2019年 - : 歴代ユニフォームスポンサー年表 [ ] 年度 胸 鎖骨左 鎖骨右 背中上部 背中下部 袖 パンツ前面 パンツ背面 サプライヤー 2011 - 解禁前 - - - AIC 解禁前 2012 2013 2014 2015 2016 - - 2017 2018 - 2019 2020 - - 2021 - 脚注 [ ]• しかし、その後も伸び悩み9月12日の鳥取戦に4-2で勝利するまで、21試合連続未勝利となった
歴史 [ ] 日本電装・デンソー 1949年 - 2005年 [ ] に 日本電装サッカー部として創設 浮氣哲郎は監督を就任したときに選手としては引退した
のへ移籍した 練習場所としてグラウンドや内にある運動広場、同じく同公園内にある人工芝(日によっては隣接する天然芝)のグリーングラウンド刈谷を使用している
目標は「勝点52」を掲げる は4位に入賞した
は9選手が新たにFC刈谷の一員として加わり、またとが選手兼コーチとして監督のを支えることとなり、一年でのJFL復帰をめざすことになった 2021年、運営母体が特定非営利活動法人かえるスポーツクラブから 三河ベイフットボールクラブ株式会社に変更され、3年でのJリーグ参入・10年でのJ1昇格を目標に掲げた
GK、DF、DF、DFと守備陣がほとんど入れ替わったことや浮氣哲郎の指導がチームに浸透したこともあり、前年度と比べ失点数が59から40に減り、負け数も22から9まで減らした 収容人数 4,000 運営法人 三河ベイフットボールクラブ株式会社 代表者 松﨑英己 監督 公式サイト テンプレート(ノート)サッカークラブPJ 三河ベイフットボールクラブ株式会社 MIKAWA BAY FOOTBALL CLUB 本社所在地 448-0003 8-11-12 設立 2月16日 事業内容 サッカークラブ運営 代表者 松﨑英己 資本金 2500万円 特記事項:2021年3月1日、特定非営利活動法人かえるスポーツクラブより運営を移管
15