ダイヤモンド ブリザード ナーフ。 【デュエプレ】ダイヤモンドブリザードがナーフ!新デッキレシピ+砕いて代わりに生成するカードのおすすめ10選

当然、ボルメテウスホワイトドラゴンのように、「シールドが実質的に手札である」というゲーム性を壊してなお許されるカードも存在するし、ゲームルールを壊すカード(ボル白やの溶接工など)こそがで強いカードという意見もあるから、いくらかのゲーム性を壊すことはかえってそれ自体がゲームの一部であるから、認められるべきだろう。 黒緑にデッキを組んで、毎ターン墓地を肥やしてくれる《死胞虫エンリッチ・ワーム》なんかと組み合わせると本当にとんでもないブーストが期待できてかつ、手札にスノーフェアリーが大量に帰ってくるというわけだ。 このターンが10ターン目以降なら、このターンの後で自分のターンをもう一度行う。 これは一つのデッキに焦点を当てて、採用カードから戦績、有利不利までを文字通り徹底解説しようという記事です。 アンタップしてマナにおかれるナーフになれば速攻力は失われることになる。 反面、このはであり、するの枚数の指定もできないため、考え無しに使えば一気にが減り、展開が遅れる。 筆者が真っ先に考えたのが、「ブリザード」は「ヴァルボーグ」と同じ末路を辿りそうだと言うことだ。
43 2