ワークマン ネック ゲイター。 迷い家を求めて:ワークマンのネックゲイター

35
モンベルのこのネックゲイターだと 苦しさはかなり軽減されましたね。 今はまだ涼しい日が多いので良いですが、夏場もマスク着用で外出や仕事をしなければならなくなると考えると恐ろしいです。 そのネックゲイターは モンベルというアウトドアメーカーの 「WIC. 大きな理由としてはやはり厳しい環境下でここぞというときに使う、長く使うギアであることから性能には妥協したくない。 もちろん釣りだけではなく、マラソンや登山、ゴルフやキャンプなど各種アウトドアでも同様で、マスクを装着しているのですが、どうしても運動時には使いにくさなどが出てきます。 毎週一回は近所のワークマンに行っています!! 何故かって? それは、新作が入っていたり、品揃えが変わっているからです! 行くたびに品揃えが変わっていて、それを見るのが楽しい。 反対にブカブカに感じる人はゴムなどを上手く使って布を寄せておくといいでしょう。 パッケージを見ると使い方は色々あります。 スポーツウェアの。 涼しい冷んやり素材を使用 気化熱を利用して冷却する素材が採用されており、息や汗が蒸発するときの気化熱を利用して冷却効果が得られます。 ピッタマスクは洗って繰り返し使える。
47