スノー フィート。 靴を履いたままゲレンデを滑る!? 海外で話題の新スポーツSnowfeet (スノーフィート) ついに日本上陸!

瞬時に脱着 スノーフィートはビンディング形式なので、簡単にウィンターシューズやスノーボードブーツに取り付けができます。
スノーフィートは2015年にチェコの大学生2人が考案したものです。 要するに、 仲介料がとられてしまうということですね。 あなたが今やっている、スキーやスノーボードの代わりに、バランス間隔を磨き、トリックやスタントを試してみませんか? スノーフィート(Snowfeet の動画 こちらはスノーボードのパークをスノーフィート(Snowfeet)で滑っている動画でしょうか。 (ロイターco. 旧モデル 新モデル 新しいモデルには、 スキーエッジが付いたため、よりスキー場で滑走しやすくなりました。 ( 足首をしっかりと固定する防水性のシューズを推奨しております) Q. 百聞は一見に如かず。 スノーフィート【旧型】の値段 1足129ドル(1ドル=113円)なので、だいたい 14500円です。 2019年3月時点では 「在庫切れ」という表示になっていました。 スノーフィート(Snowfeet)のよくある問い合わせ スノーフィート(Snowfeet)に関する よくある問い合わせについてまとめてみました。
海外輸入品のため、パッケージに傷、凹み、汚れ等の多少のダメージがある場合がございますので、予めご了承下さい。 どういうことかというと、このSnowfeet【新型】という商品を作るにあたって、 クラウドファンディングで資金調達がされている段階だったからです。 さらに、インラインスケートのようにヒールブレーキで減速することもできます。 スキーとスケートが混ざったような滑り心地で雪上を自由に動き回ることができます。 ぜひ、以下の「アシックス スノーシューズ スノトレ SP7」と「スノーフィート snowfeet 」の組み合わせを検討してみてください。