アメリカン スナイパー 最後。 『アメリカン・スナイパー』を殺害した男の壮絶な半生に迫る

66

社製「」にスコープ等の狙撃用オプションを装備した米海軍仕様である。

それを見てクリスは安堵します。

シカを仕留めたクリスは、ライフルを下に置くなと注意された後、父に「一流のハンターになれる」と褒められます。

スクワール - ()• また、、、および(JSOC)はカイルの狙撃殺害数は米軍歴代トップレコードだったという主張に異議を唱えていないが、彼の正確な殺害数は公式にはっきりと記録されていない。

少しずつクリスの心はPTSDに蝕まれていった。

両目が失明し死んでいった。

テキサス州の高校を卒業すると 、ブロンコ・のプロ競技者として生計を立て始めたが、腕を痛めた事を契機に断念せざるを得なくなった。

勲章(略綬)および徽章 [ ] 徽章 1列目 2個 5個 付き V徽章付き 2列目 2個 V徽章付き 2個 3列目 1個 従軍星章1個 4列目 従軍星章2個 従軍星章1個 5列目 従軍星章4個 6列目 従軍星章3個 徽章 関連書籍 [ ]• クリス・カイル 『アメリカン・スナイパー』早川書房 早川ノンフィクション文庫 2015年2月25日 初版発行 P184• ライアンの娘が生まれる直前の出来事であった。

トニー - レイ・ガイエゴス• 故郷に残した家族を思いながら、スコープをのぞき、引き金を引き、敵の命を奪っていくクリス。

一方、こうして得た資金の一部を元に、PTSDに悩む帰還兵やのための団体「FITCO Cares Foundation」を設立。

70 81