モナリザ の 戯言 イラスト。 テツ(モナ・リザの戯言) (もなりざのたわごとのてつ)とは【ピクシブ百科事典】

(ソラ・クロハ)• 少女という性質上か長らく未就学児~高校生の役しか無かったが、で初めて成人女性として登場してからは成人している役で出ることが増え役の幅が広がり、エンジの浮気相手やナンパ相手の役として登場するようになった(それ以前にもとして登場したこともあるが、でエンジにナンパされた時と同じようにドン引き状態だった) モブコの方は2021年4月21日の回で顔と姿込みで再登場を果たし紫髪の女性 モブ子表記 であった
のみの設定かもしれないが、に分類されるらしい 気に入った「空腹」に関連したフリーイラスト素材・画像が見つかったら、イラストの画像をクリックして、無料ダウンロード 空腹 Illust Stampo イラスト スタンポ 空腹 いらすとや. (ソラ・エンジ)• シュールストレミング(仮) 10mケーキ同様、厳密にはキャラクターではないが、動画内でごく稀に登場する謎の魚
その一方でを加工したゲテモノ料理に 事もある 因みに、髪が青い 空色 のは 生まれつきらしい DQN側に借金が発生したオチがついた場合は、オチになる場合が多い(その時は決まって船の汽笛のSEが流れたり、DQN側がベーリング海送りになった後は主人公側の元にが届いたりする)
上記のドア叩きやチャイム音、救急車や消防車のサイレンなど、一部SEではなく声優が声を当てている (ソラ・エンジ)• 全員が使用するが、特にソラが多用)ワサビのみ「 」と言うことがある
ではソラの実家の飼い犬として登場しており、ソラの恋人のエンジが金目的でソラに近づいたとすぐに察知して威嚇しており、その後エンジと破局したソラとの散歩でコウジの飼い犬のモナ太郎と共にの役回りを担った 美人で健気な印象だが、芯はとても強い優しい性格
たまにカップリングを組む事が多いキャラが親子設定で登場することもあるがその場合男性陣が親になる 例: はあまり見られない一方女性陣が親になる 例: は比較的よく見られる• (エンジ・ソラ)• DQNネームの少女の母 上述のDQNネームの少女の母親役を担当していたギャルママ カッパが好き
好きなゲームは(一部ではも) の要素も取り入れており、登場人物が登場していないキャラクターに対する愚痴を言う事もある
モデルの女性が何故笑っているのかなど多くの謎に包まれており、「世界でもっとも知られた」名画であると同時に「もっともパロディにされた」絵画とも言われています 」、「アメリカはイングリッシュやで
また二人と比べてイケメン設定が少なく、デブ化して又は扱いされる事も多い 作品次第ではエキストラやDQNを懲らしめる役回りや語り手を担う事もある
1~4では 傍若無人っぷりが遺憾なく ? 発揮され、救いようのないオチを迎えている また、DQN組同士のカップル・夫婦の場合、最終的につめの甘さで破局・離婚に至るケースもしばしばある(但し離婚に至らずとも、)

特徴的な口癖は冒頭の「 私はソラ!」 最近では冒頭以外でも自己紹介の時にも使用される 、退散する際の「 アディオス!」、「きゃあ」の代わりに発する「 」 曰く、他、「きゃっ」と短く言う場合は、 など。

しかしでは母親役のワサビがDQNネーム母娘共々そこまで酷いDQNではなかった一方、テツがヒサメ・クロハ母娘のご近所トラブルに加担する悪ガキとして登場し、ヒサメ一家共々今まで被害を受けてきた近隣の住民達から大目玉を喰らうオチを迎えている。

(ゲン・ソラ)• ソラと同様ファンからの人気が高く、エンジからも。

しかしながら、そんな彼にも主役の動画が存在している(,,,,,,)。

2021年以降は上記の「知らねっ」以外にも、DQN組が 善人の主役の回や、後述のようにモブ担当のキャラが重要キャラになったりと、変則的な回が増えている。

また動画そのものがうるさいというかギャーギャーとうるさい節があるのかもしれません。

場面の切り替えにはアクセントとして様々なSEが使われ、特に鼓の「ポン」の音が多く使われる傾向が強い(最近では2連打のパターンもある)。

この時はまだ普通の漫画作品でスターシステムも確立されていなかった。

コウジがその魚に似たを使用して作ったもあるが、それは 何の問題もなく食べられるようである。

16
」だけだが凄くインパクトの大きいキャラクターであった。 動画内にてDQN組から 青頭や 水色等と呼ばれる事が多いが、 現実で成人女性がしていたら少し違和感のある髪型に対する誹謗を彼らから受けた事は無い。 最近では また、後述のモチやカッパだけではなく、六法全書や松葉杖、羊羹などどう見ても普通の小道具も言葉を発することがある(声優のアドリブと思われる)。 pixivでカスミと検索するとやなどの作品も引っ掛かってしまうため、イラスト投稿や検索の際はカスミ モナ・リザの戯言 か、カスミとモナ・リザの戯言の両方のワードを入れることをおすすめする。 常識人担当、DQN担当の各キャラの詳細は各キャラのリンクを参照。 関連タグ DQN担当 接点の多い常識人担当 関連記事 親記事. 「モナリザにまゆ毛あった--仏技術者新説」『産經新聞』2007年10月20日付夕刊、第9面、第4版• 同じくのみの設定かも知れないが、シリーズが好きでのファンである。 メインキャラの中でデビューがに次いで遅く、特に初期では出番が極端に少なかったせいか、ソラとクルミから 「ちょい役、緑 byソラ 」、 「一番知名度低いしインパクトに欠ける byクルミ 」などとイジられた。 上記のように現在では2020年10月までと比べるとやや落ち着いた性格となったためか自発的にDQN組に反撃する事が少なくなり、特に、、等のコメント欄にて 「弱体化した」との指摘があるものの そのような展開かあるでは もっと強くなるように忠告されている 、それでものようにDQN組に対し 毅然とした態度で臨む回も存在している。 まるでの鳴き声である。
41