渡辺 篤史。 「建もの探訪」渡辺篤史が風評被害 同姓同名の相次ぐ逮捕に大迷惑

渡辺さんも番組で、狭小住宅で取り入れられている数々の工夫に出会い、大いに感心をしているという (1981年、TBS・木下プロ)• 自身も建築好きで著書に「渡辺篤史のこんな家を建てたい」「渡辺篤史のこんな家を創りたい」(ともに講談社)などがある
、のドラマ『』でデビュー に放送された『』「」第7夜において、が渡辺のモノマネで「小林製薬の糸ようじ」と連呼するシーンが放送された
渡辺容疑者は保険会社の外交員で、女性は顧客だったという 今年の恋【テレビドラマ版】(1968年)• (1970年、東映東京) - 吉川飛長 役• 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科の客員教授
(TBS・大映テレビ)• (1975年) - 役• 先述の俳優活動休止後、再び口髭を生やしている (『パン屋のケンちゃん』イメージソング、1977年) 脚注 [編集 ] []. (1978年、TBS)• にあんちゃん(1960年、)• 趣味は、、
母親の借金を背負う~ドラマの掛け持ちで返済の日々 その後、渡辺さんは、翌年の1961年には、 テレビドラマ 「三太物語」で、主人公の三太役に抜擢され、 山奥に住む、明るく元気な少年三太を生き生きと演じられると、 一躍、子役として人気を博すのですが、 (この三太役のイメージが強烈だったようで、渡辺さんは後々まで、 テレビでゲスト出演するたびに「おらぁ三太だ」と言われていたそうです (YTV)• (1985年 - 1992年、日本テレビ系)• 平成の住宅建築を見続けて30年! 「番組は1 クールか2 クール、長くて2 ~3 年くらいで終わるのが当たり前というテレビ業界にあって、30 年続いたことは感慨深いですね
27
それに、苦労をすることで、いろいろな立場の人の気持ちを、 掘り下げられるようになって、役づくりの勉強にもなった。 18歳でエレクトーンを離れ上京。 ナレーターも渡辺自身が務めている。 しかし、決して視聴率を稼げる時間帯ではないというのに、30年以上も続いているとは 大したもんです。 デビュー作) - 鈴木麻男 役• (TBS)• (1968年、NET・東映東京)• (1978年、NHK)• (1973年、ABC)• でも、音が響き過ぎて、気持ち悪くなっちゃって。
61