Sdgs 取り組み。 SDGsへの取り組み

具体的には、再生可能エネルギーの普及・拡大を後押しする保険商品の提供といった、保険会社ならではの取り組みを行っています。

1 2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地及び乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系及びそれらのサービスの保全、回復及び持続可能な利用を確保する。

日本でも、 ビジネスと人権に関する行動計画の策定は, SDGsの実現に向けた取り組みの 1つに位置付けられています。

4 税制、賃金、社会保障政策をはじめとする政策を導入し、平等の拡大を漸進的に達成する。

さらに行政・民間・NPO・有識者などを含む幅広い関係者で協議し、同年12月に「SDGs実施指針」を決定しました。

具体的な内容は次の項目で詳しく解説していく。

・電気を節約する 使っていないときは電源を完全にオフにして節約を心がける。

顧客の「声」を謙虚に受け止め、製品・サービスの品質向上に反映させる。

78
認定企業様 Vingt-cinq k (大阪府) 株式会社カンダ(新潟県) 株式会社メイク(東京都) 株式会社田邊空気機械製作所(大阪府) アミーズ調査事務所(北海道) ロングウッドスポーツ株式会社(愛知県) re:share(大阪府) オリーバル株式会社(大阪府) 株式会社リヴ(京都府) 株式会社シンエイライフ(愛知県) 株式会社アサカワクオリネス(福岡県) MS工業株式会社(福井県) 株式会社泉北商運グループ(大阪府) 株式会社平山ホールディングス(東京都) 株式会社ウエルネスプラザ(京都府) エルソニック株式会社(大阪府) フォレスト株式会社(兵庫県) 株式会社オックスクリエーション(京都府) 株式会社シューエイ商行(千葉県) 株式会社アグリエイト(京都府) 株式会社ササノ合成(愛知県) 株式会社サクセス(大阪府) 追加事業認定企業様 株式会社フォークナー(岡山県) 日本資環株式会社(奈良県) 協会会員様 MS工業株式会社(福井県) 有限会社築地建設(鹿児島県) 司機工株式会社(東京都) 株式会社ビー・エス・ケイ(大阪府) 株式会社アサカワクオリネス(福岡県) (2021年4月1日現在) 五十音順 【名誉顧問】 大西宏幸 防衛大臣政務官 衆議院議員 野田義和 大阪府東大阪市長 【名誉会長】 雜賀慶二 東洋ライス株式会社代表取締役 社長 東京農業大学 客員教授 【代表理事】 堤 晶子 東大阪市教育委員会教育長職務代理者 【理事】 浅田孝幸 大阪大学名誉教授 工藤和志 株式会社出版ワークス 代表取締役社長 菅 正隆 大阪樟蔭女子大学児童教育学部・教授 西川信廣 京都産業大学現代社会学部・教授 丹羽一郎 内外電機株式会社 代表取締役社長 甲南大学同窓会 会長 三浦徹志 元大阪経済大学経営学部・大学院教授 村内俊雄 一般社団法人奈良地域デザイン研究所 理事長 山本富造 山本化学工業株式会社 代表取締役社長 一般社団法人日本ホームヘルス機器協会 会長 【監事】 吉條嘉家 公認会計士 【顧問】 飯田 誠 飯田法律事務所 弁護士 福長俊之 福長俊之税理士事務所 税理士 吉村道和 吉村司法書士事務所 司法書士 【スーパーバイザー】 大坪和弥 一般社団法人学び教育ソリューション 代表理事 大坪康郎 早稲田大学創造理工学部 講師 前田修也 株式会社出版ワークス 統括本部長 丸山史人 SDGsビジネスマスター、SDGs推進士. 2:生産性の向上 生産性を向上させるため、製作失敗を減少させます。 これらの取り組みにより、 目標03:すべての人に健康と福祉を 目標12:つくる責任つかう責任 目標15:陸の豊かさも守ろう などが評価されて表彰を受けました。 国連サミットのあった2015年9月に採択され、国連加盟国が全会一致でSDGsの目標に取り組むことに賛成し協力体制を整えています。 理研は文部科学省と連携し、地球のサステナビリティに対する脅威である新型コロナウイルスへの対処に貢献していくため、2020年4月から「富岳」の一部の設備・機能を前倒しで提供開始しました。 7 2030年までに、家族計画、情報・教育及び性と生殖に関する健康の国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関する保健サービスを全ての人々が利用できるようにする。 <目次> ・SDGs17の目標とは? ・目標1【貧困】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標2【飢餓】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標3【保健】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標4【教育】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標5【ジェンダー】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標6【水・衛生】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標7【エネルギー】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標8【経済成長と雇用】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標9【インフラ、産業化、イノベーション】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標10【不平等】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標11【持続可能な都市】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標12【持続可能な消費と生産】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標13【気候変動】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標14【海洋資源】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標15【陸上資源】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標16【平和】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・目標17【実施手段】に関する企業のSDGsの取り組み例 ・まとめ SDGs17の目標とは? SDGsとは2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。 スポーツの振興 次世代を担う子どもたちの運動能力と体力の向上 スポーツを通じた高齢者の健康増進 学校や地域との協力を通じた地域スポーツの振興 CSR調達 一次サプライヤーにおける環境影響 一次サプライヤーにおける労働慣行 児童労働の禁止・廃絶 環境 人体や環境に有害な化学物質の削減と適正な管理 CO 2を含む温室効果ガス排出量の削減 廃棄物の削減と適正な管理・処理 公正な事業慣行 コンプライアンス 個人情報保護 知的財産の保護 製品責任 製品の品質管理 消費者とのコミュニケーションのレベルアップ 宣伝・広告物および表示物の適正化 雇用・人材活用 公正な評価制度の確立 ダイバーシティ スポーツの振興 ミズノが取り組む「スポーツの振興」とは、スポーツの楽しさを一人でも多くの人々に届け「フェアプレー、フレンドシップ、ファイティング・スピリット」というスポーツの宿す精神を一人でも多くの人々に体験してもらうこと、また、社会が直面する課題に対しスポーツの持つ可能性を最大限に活かしたソリューションを関係機関と協力して提供することと考えています。 ・詰め替えできるボトルやカップを使う コーヒーショップなどで飲み物を購入する際は、詰め替え可能なマイボトルやカップを使うようにする。 地球に住むひとりひとりの、SDGs達成に向けた行動が重要視されている。 4 2030年までに、貧困層及び脆弱層をはじめ、全ての男性及び女性が、基礎的サービスへのアクセス、土地及びその他の形態の財産に対する所有権と管理権限、相続財産、天然資源、適切な新技術、マイクロファイナンスを含む金融サービスに加え、経済的資源についても平等な権利を持つことができるように確保する。