方法 序説。 ルネ・デカルト

要約と構造整理をしました。

例えば、 ヒュームと言う「イギリス経験論」を生み出した哲学者がいるのですが、その人は「 神様は、デカルトが言うほど特別な存在じゃねーよ」と完全に論破しています。 デカルトももちろん哲学者として、真理を追求していたのでしょう。 デカルトの哲学体系は人文学系の学問を含まない。 ここにリンゴがみえている。 (中略) 第二の格率は、自分の行動において、できるかぎり確固として果断であり、どんなに疑わしい意見でも、一度それに決めた以上は、きわめて確実な意見であるときに劣らず、一貫して従うことだった。 そして、物理学や数学、光学などの最先端の科学に触れていることもわかります。
58
すなわち、デカルトの神は単に科学上の条件の一部であって、主体的に出会う信仰対象ではない、というのである 普通に考えると、不完全な存在である「私」が、完全な存在である神を知っているのはおかしい
ただし、デカルトはそのすべてを信仰も根ざして考えており、著書『方法序説』においても神の存在証明を哲学的にしようと試みてさえいる 『デカルト入門』 2006• 外部リンク: この図に示す様に、問題はできるだけ小さくして解決せよ、というのがデカルトの提案でした
そして、ただ生理学的説明だけに留まらず、基本的な情念を「驚き」「愛」「憎しみ」「欲望」「喜び」「悲しみ」の6つに分類した後、の善用による「高邁」の心の獲得を説いた 第二部は、数学的な確実性を規範とする方法を、簡明な四つの規則にまとめている
岩波文庫「方法序説」p. そのため、「我思う … 」のあとも論理学や人体、自然科学の話が続きます そうして 残るところは、その観念が、わたしよりも真に完全なある本性によってわたしのなかに置かれた、ということだった
簡単な本だけでなく難しい本にもチャレンジしてみてください やは重要であり、公衆がそれから得る利益を互いに公開することが今後大切になるはずだと
自分の考えに 自信を持ったという以上の意味はないのである この本の正式な題名は『理性を正しく導き、学問において真理を探求するための方法の話〔序説〕
デカルト以前の幾何学では、点の定義は「位置はあるが長さや面積がないもの」でした ではなぜデカルトは「われ思う、ゆえにわれあり」という不自然な言い方をしたのだろうか? それは普遍的な認識の可能性を基礎づけるためだ
デカルトの『良識』に対する意見 で、人間はこの良識を使って、様々な学問の発展の成功を収めていき、デカルト自身もこのことに非常に満足するのですが、デカルトは、以下の様な疑問も感じ始めます 1619年10月、精神力のすべてをかけてこれから自分自身の生きる道を見つけようと市近郊の村の炉部屋にこもる
その際に精神を導く4つの準則として• 座標という考え方は今日、小学校の算数で教えられるほど一般的なものとなっている 1585年の時点で、イエズス会の学校はフランスに15校出来ており、多くの生徒が在籍していた
反対に、自分が他のものの真理性を疑おうと考えること自体から、きわめて明証的にきわめて確実に、わたしが存在することが帰結する その意味で、方法的懐疑は、誰にとっても共有可能な、哲学のスターティングポイントを置くために編み出された方法なのだ
39