カーテン カビ 取り。 レースカーテンの黒カビの落とし方|カビキラーで落とす10の手順

シャワーカーテンを全く使わないというのは難しいですが、どうにもならないほど汚れてきたら、いっそ交換してしまうのも手かもしれません。

また、必ず換気扇を回しておきます。

「水洗いNG」マークの場合は、クリーニング業者に相談してみてください。

カビによるシミは取ることが困難です。

水洗いが終わったらタオルなどで水分を拭き取り、よく乾燥させてお掃除完了です。

カビが生えてからどれくらい時間が経っているのかにも、落ちやすさが関係しています。

結露をマメに拭き取る、結露防止グッズを使用する、定期的に換気をするといった方法でカーテンが濡れないようにして、カビを予防します。

このときも意識することは「上から下へ」ということを忘れないようにかけると、ホコリもどりを最低限に済ませることができます。

漂白剤を併せて使用すれば、黒いシミも取り去ることができるだろう。

42

カバンのカビを取り除くには、布・ナイロン素材にダメージを与えにくい除菌アルコール剤(消毒用エタノール)や酸素系漂白剤を使用するとよい。

この方法で落ちないしつこいカビの場合は、洗濯の前にひと手間かける必要があります。

濡らした布に液体(粉末)酸素系漂白剤を含ませ、水と馴染むように揉みこんだり、カビのシミ部分を叩くようにしたりして拭く。

もみ洗いしつつお湯で成分を流す• ポイントは裾の部分を1メートル以内のサイズに重ね、カビの部分を洗いやすくすることです。

カーテンも同様にかびたので これも同様にカビキラー。

92

そのためほうっておけばシミになってしまうかもしれません。

カビを落とすには、普通の衣類用洗剤だけではあまり効果がなく漂白剤などの別アイテムが必要です。

清潔で快適なカーテンで心機一転!リフレッシュした気分を味わうのも良いですね^^. その差が一番でやすいのが窓ガラスで、そこにはカーテンを利用していることが多いでしょう。

カビが酷い場合やしっかりカビを落としたい場合におすすめの方法です。

結露などの湿気と、部屋の壁際や窓際に集まる淀んだ空気や適度に暖かい温度の空気などが原因で、黒カビが生えたり、窓の汚れがカーテンに移ってしまい汚れることがあるのです。

長いと繊維が傷むので、長くても10分ほどにとどめておきましょう。