フィルム アウト bts。 ジンが主人公!?BTS「Film out」のMVが公開!SOPEのシーンも話題に!歌詞に合ったストーリーに注目!

一方、教室の隅で、浮かない顔をして、事故に遭った自分の姿を描いているジョングク。

砂時計が時間の流れを意味するとすると、横向きになった砂時計は、「時間が止まっている様子」を表していると取れます。

そして大好きな高音で鳥肌。

また、「MAP OF THE SOUL:7」で「初心を思い出す」ことで、重圧の中「なんでこんな思いまでして歌手をしているんだろう」とくじけそうになった心を奮い立たせる、という意味を込めたBTSは、「初心=記憶」を大切にしたいと思っているのではないかと思います。

ジンだけでなく、テヒョンやジョングクなどの他のメンバーたちがジンを救おうと奮闘し、自らもタイムリープを始めます。

鏡になった部屋には、「ジンを含む」7人のメンバーがいます。

「MAP OF THE SOUL:7」のアルバムにおいて、ユンギは「Shadow」を、ホソクは「Ego」を歌いました。

日本映画『シグナル:長期未解決事件捜査班』劇場版は、4月2日に公開予定。

ジミン:部屋中に映して眺めながら 何ひとつ消えない君を抱きしめて眠る• 「Film out」は2グループのコメントの中にもこの曲に対する思いが込められているので確認してみましょう。

19
ミュージックビデオが公開されると、その映像は韓国でも話題になり、常にBTSの楽曲をモニタリングしているファンからは「今まで聞いた日本語の曲の中で一番好きな歌だ」「すごく良い曲。 詳しくは以下の記事を見てください。 「どの解釈が正しい!」という正解はなくて、皆が違う人生を歩む中、それぞれの人生経験を反映して、それを思い起こさせたり、それぞれが自分の人生に意味のある解釈を作品に与えることで、その作品がその人にとって大切なものになる。 Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。 テヒョン:まるでそこにいるかと 手を伸ばすところで ふっと消えてしまう 歌詞(フル) 浮かび上がる君は あまりに鮮やかで まるでそこにいるかと 手を伸ばすところで ふっと消えてしまう 淡々と降り積もった記憶の中で 君だけを拾い集めて繋げて 部屋中に映して眺めながら 込み上げる痛みで 君を確かめている La la la・・・ 光も水も吸わないくらいに腐敗して 根も葉も無い誓いで 胸の傷を 塞いで 並ぶ2つのグラス 役割果たす 事もなく ああ そのままで 君の触れたままで 淡々と降り積もった記憶の中で 君だけを拾い集めて繋げて 部屋中に映して眺めながら 込み上げる痛みで 君を確かめている 正しくなくていいからさ 優し過ぎる君のまま 笑ってて欲しかっただけなのに それなのに 涙の量計れるなら 随分遅ればせながら やっと今君のとなりまで 追い付いて 見付けたのさ 淡々と降り積もった記憶の中で 君だけを拾い集めて繋げて 部屋中に映して眺めながら 何ひとつ消えない君を抱きしめて眠る 君がささやく言葉がその響きが 行き場を失くして 部屋を彷徨ってる 嗅いでしまった香りが 触れた熱が 残ってるうちは 残ってるうちは 浮かび上がる君は あまりに鮮やかで まるでそこにいるかと 手を伸ばすところで ふっと消えてしまう back numberといえばバラード曲が有名ですよね。 こちらが4月2日0時に公開されたBTS「Film out」のMVです。 今回「Film Out」のミュージックビデオのティーザーが公開されたとき、その構成が2018年にリリースされたBTS「FAKE LOVE」のティーザーと似た構成になっていて、一部ファンの間では「花様年華」のストーリーがまた始まるのでは!?との憶測が飛んでいました。 しかし、BTS Universe Storyで、テヒョンはジンのタイムリープに気が付いていますし、海に飛び込むシーンから、テヒョン自身もタイムリープを行っているとも取れます。 また「FAKE LOVE」で一人だけカギを受け取り、成長への道を進み始めたジョングクは「魂の地図」を見つけ、そのタイムリープから抜け出し、状況を改善できたのだと読むこともできます。 そうなると、ジョングクがタイムリープを行っている世界は、まだハッピーエンドには至っていない、ということになります。
単に時系列がずれているからでしょうか? もしくは、異なる時系列をもった「パラレルワールド」が存在し、「Euphoria」で描かれた世界と、BTS Universe Storyでジョングクが釈然としない世界が、並行して、別の世界として存在しているのではないか?とも読めます 同じ部屋にテヒョン そして、その次、画面が切り替わり、ジョングクがいた部屋と同じと思われる部屋にテヒョンが現れます
そして、ジンがタイムリープを繰り返すことで、そのたびに別の歴史をたどる世界「パラレルワールド」ができているとしたら、同時にたくさんのパラレルワールドが並行して存在することになります まとめ 以上、「Film Out」のミュージックビデオについて、花様年華(BTS Universe Story)のストーリーラインと、MAP OF THE SOULに見るBTS7人の成長を表すストーリーラインの2面から解説しました
Film Outのミュージックビデオの中の、ユンギ(影)と向き合うホソク(自我)は、すなわち、成長していることを意味しています そして、自我を発達させるには、自分の中の嫌な部分と向き合い、自我に取り込むこと、シャドーとペルソナを統合させることによって達成されます
花様年華「NOTES」では、ジョングクは、自分をひいた車を運転しているのがジンだったと疑っています そして次のシーン
ファンからは「ジンはまるで俳優のよう 逆向きに動く砂時計 そして、タイムリープを行うと、窓の外から風が吹き込み、部屋が荒れます
一方で、冒頭でも紹介した「Euphoria」の動画では、事故に遭ったジョングクの足も治っており、メンバーたちの過去が好転して、それを見たジョングクは安堵の表情を浮かべている様子から、ジンだけでなく、ジョングクもタイムリープを行い、過去を変えているようにも見られました 花様年華のストーリーと「魂の地図」について 今回公開された「Film Out」のミュージックビデオを見て、私も確信しました! これは間違いなく、「花様年華」のストーリーですね
(テヒョンはジンの運命を変える手助けをしている?) それでは、この「BTS Universe Story」の動画と、今回の「Film Out」のミュージックビデオを参照しながら、今回の「Film Out」の考察と花様年華のストーリーの続きを見ていければと思います まとめ• Euphoriaミュージックビデオより 同様に、状況が好転していく様を描いた「Euphoria」のミュージックビデオの中にも7人が笑顔で一列に並ぶシーンがありました
14