ツイン パワー 4000mhg。 シマノ「20ツインパワー」インプレ!その性能は実釣で初めて分かる

ミノーやバイブレーションとは特に相性が良いでしょう。 26
20ツインパワー クイックレスポンスシリーズは自重が軽く、繊細な巻きとりを得意としたシリーズ
20ツインパワー4000MHGの悪い点 巻き始めの重さが気になる 慣性が働き、ローターがある程度回転すればその滑らかさを感じることができますが、巻き始めの重さは少し気になります 仮に20ツインパワーのマイクロモジュールギアを移植しようにも、15ツインパワーとはボディの金型が違うので全く入らない
実はシマノの動画を見るまで意識した事が無く 魚を掛けて不満を感じる事はありませんでしたが 約5年使っているせいかアームカムとローターの 隙間が広がっています 回転力はいい、ベタ底からダイケンを高速で巻き上げるのに活躍、エソにやられてしまわない巻き力があります
Handle length: 2. 4000番のリールということで、ライトショアジギングやサーフゲームでの使用を考えている方も多いのではないでしょうか 息子が購入した17ツインパワー XD
5号前後のPEラインを使用できることから、その汎用性が伺えます 【獲得率が表示よりも低い場合】 各特典には「1注文あたりの獲得上限」が設定されている場合があり、1注文あたりの獲得上限を超えた場合、表示されている獲得率での獲得はできません
#4000サイズのスタンダードハイギアモデル タカでした
55
Xプロテクト 前作では、コアプロテクトと呼ばれる防水技術が搭載されていましたが、20ツインパワーではより進化したXプロテクトが搭載されています むしろ、満足しています
Xプロテクトは、従来の撥水処理に水の侵入を防ぐラビリンス構造を加えることで、リールの回転性能を妨げることなく防水性能の向上させる技術です 動画の通り力を入れても歪みはありません
【ソルトウォーター用の大型リール】 より高い防水性能が求められる大型スピニングリールには接触式の防水構造を採用しています デザイン・高級感 デザインが違うのは勿論なんですけど、20ツインパワーは15ツインパワーと比較しても質感が安っぽくなっています
あまり弱いタックルだと周りに迷惑をかけるので・・・ 加えて、 負荷がかかると撓む(タワム)ことで巻き感に影響が出やすくなり、強度不安にも繋がる
15ツインパワー 2500HGS 重い 17ツインパワーXDは4000番なので微妙な判定ですが 家にある3台のツインパワーでは 20ツインパワーが圧倒的に軽いと感じました 20ツインパワーはもちろん 「ロングストロークスプール」を採用しています
強さが違う 20ツインパワーには他にもシマノの最新技術がたっぷり盛り込まれています
2 inches 55 mm• 19ストラディックが20,000円台のリールとしては非常にコストパフォーマンスの高いモデルとなっていますし、予算に余裕がない方やロッドやルアーにもお金をかけたいという場合は良い選択肢となるでしょう 僕自身12エクスセンスci4+4000XGMを長年使い 軽いうえにパワーがあり、巻きも軽く静かで かなり無茶をしましたが長持ちしたリールなので エクスセンスci4+のモデルチェンジは待ち望んでいました
ルアーが重くなった分やルアーの巻き抵抗による違いはしっかりと伝わってくるのですが、トルク感のある巻き心地で重いルアーでも軽く、しっとりとした巻き心地は全く変わりませんでした 実際に18ステラのドラグは最大値でのパワーファイトから、ドラグを多用する細いラインでの釣りでは、他のリールとの差が顕著に現れていますね
70