弔電 文例。 郵便局での弔電の打ち方

この記事や弔電サービスの文例を参考に、自分の気持ちが伝わる最適な弔電を作成してみてください。 直接的にも間接的にも「死」に関する言葉や、「重ね重ね」「再び」などの「忌み言葉」を避けます。 どなたにもお優しかった在りし日 のお姿が頭から離れません。 SN43 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 その際にはもちろん切手は必要となります。 (電報の料金は次項で述べます) 5. お元気だったころの笑顔ばかりが目に浮かび、ただただ悲しみに暮れております。 ある葬儀屋さんの話ですが「弔電の文例はたくさんあるけど定型文をただ使うより、一文故人とのエピソードが入っていると気持ちが伝わりやすい」とおっしゃってました。
16 92