お 体 大事 に なさっ て ください。 体調を気遣う言葉「お体に気をつけて」の使い方と類語

1

容易でない事件。

「くれぐれも」という言葉を付け足すことで、気遣いの気持ちがより大きくなりますので、心配が大きい時に使いたい言い回しです。

この表現は「秋に入ったとはいえ残暑続く厳しい季節ではございますが、体調はお変わりないでしょうか」といった形で使います。

「お大事になさってください」もメールや手紙で使えますが、「ご自愛ください」は主に結びの言葉として使用される表現なので、「お大事になさってください」は口語、「ご自愛ください」はメールと使い分けられるといいですね。

ちなみにご自愛くださいという表現は病気の人には使えないので「お大事になさってください」とは使うシーンが大きく異なる言い回しになります。

46