切開法 失敗。 切開法失敗/仙台中央クリニック

55

これにより広いラインが再び癒着して折り込まれるのをブロックします。

では、二重手術における真の失敗とは? では、「二重手術の失敗」とはどのような場合のことなのでしょうか? 明確な定義があるわけではありませんが、「患者さんの希望と違うデザインの二重が出来上がった場合で、治すことが困難な場合」を失敗と言えると思います。

それを説明しない医師が多いので手術後にクレームが起こってしまいます。

目頭の蒙古ひだを切られすぎてしまった 腫れが引いたのが2か月経ったとき。

いずれの場合も、目の乾燥によって角膜が傷つくおそれがあるため、目の乾燥をふせぐ目薬や軟膏を使用して目を保護することが大切です。

カウンセリング 目頭切開で失敗の原因の一つが、患者と医師の意思疎通ができていないことです。

71
そこで、二重整形の切開法における失敗のケースや、失敗しないためのポイント、万が一失敗してしまった場合の対処法をお伝えします 手術を担当する先生が二重切開法の手術をどれくらいやったことがあるか
多くの場合、瞼の腫れ(特に切開ラインと睫毛の間の皮膚の腫れ)によって生じます 2 ダウンタイムがある
切開の二重ラインをデザインする場合、二重ラインの高さが目ヂカラに見合ったレベルか どうかを常に考える必要があります 露出しすぎた目頭を蒙古襞形成で戻したいです
ゆえに、上瞼の手術において切開手術だからと言って静脈麻酔で意識レベルを落としたり、全身麻酔を用いて術中に鏡でのご自身の確認なしに二重を仕上げるということは当院では基本的には行っていません ただし、平行型の二重を希望していたのに蒙古ヒダの影響で末広型になってしまっているような場合、目頭切開の追加手術が必要な場合があります
なお二重切開法の場合は形や幅を簡単には変えられませんという説明をして手術を受けて頂くことが多いのですが、実際には幅を広げることは可能です 満足できる仕上がりにならなかったのが悲しいですね
また「いったん切開式二重で手術を行ってみて後から目頭切開ではダメですか?」という要望もよく頂きます 丸く華やかな目にしたいという方や、末広型の二重にはしたくないという方にはおすすめできません
多くの先生があまりリスク説明をしないので、 「こんなはずじゃなかった・・・こんなこと聞いていない!!!」 となるわけです しかし下記のような理由で睫毛が十分に上がらずに失敗だと感じるケースもあります
92