山形 大学 加藤 容疑 者。 山形大生「女医殺し」事件 犯行直後にネットサーフィン、“スマホ漬け”犯人の病理とは

警察が防犯カメラの解析などの捜査を進めたところ、加藤容疑者が浮上した。

少なくとも犯行に及ぶ前後の数時間は、頭の中に浮かぶ疑問をスマホで検索して、自らの欲望を叶えるための糧にして行動したのである。

加藤容疑者の「杉の木2本の間に埋めた」との供述から、該当する場所を改めて掘り起こしていた。 「このような依存者は我を忘れてしまいやすい。 スマホを操ることに夢中になるあまり、仮想空間であるネットの世界とリアルな世界との区別がつかなくなり、罪を犯しているという意識が希薄になったかのようにも見えるのだ。 もし、本当に矢口がママ活をしていたのなら、 日本のママ活という文化が一斉に取り締まりされ制限されそうだ。 同署によると、 佐藤容疑者は酒に酔っており、「親戚の家だと思った」と話しているという。
14 96 4