👈į„Ąčˇ čģĸį”Ÿ ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧ įĩåŠšã€‚ 【į„Ąčˇčģĸį”Ÿã€‘ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧとãƒĢãƒŧデã‚Ļ゚がįĩåŠšīŧīŧŸå°ã•ãĒå¤Šæ‰é­”čĄ“å¸ĢãŽæƒ…å ąã‚’ãžã¨ã‚ãĻãŋた

がåŽļãĢæˆģãŖãĻくる。 長į”ˇīŧšã‚ĸãƒĢã‚šãƒģグãƒŦイナット ãƒĢãƒŧデã‚Ļ゚ぎお母さんã‚ŧニ゚ãĢč¨€ã‚ã›ã‚‹ã¨ã€ãƒĢãƒŧデã‚Ļ゚とã‚ŧニ゚ぎå¤Ģパã‚Ļロぎæ‚ĒいところがよくäŧŧãĻã„ã‚‹ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるそうです。 ãƒĢãƒŧデã‚Ļ゚ぎįˆļパã‚ĻロãĢよると、įŽ‹į´šé­”čĄ“ãŒäŊŋえるぎは世į•Œä¸­ãŋãĻもį‰‡æ‰‹ã§æ•°ãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ãģãŠã‚‰ã—ã„ãŽã§ã€ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧがãƒĢãƒŧデã‚Ļ゚ぎ才čƒŊãĢåŊ“ãĻられãĻおれだけ頑åŧĩãŖたかがäŧēえぞすね。 ã‚ã‚Œã“ã‚Œã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻいることは多いですし、反įœį‚šã‚‚多々ありぞす。 嗅ぎæ…Ŗã‚ŒãŸã‚ˇãƒĢフã‚ŖぎéĻ™ã‚ŠãŒã—た。
1
とはいえ、 įĢ ã§ä¸€ã¤ãŽčŠąã‚’įĩ‚わらせる、というぎはč‡Ē分ãƒĢãƒŧãƒĢです。 それはãĒãĢã‚‚é­”čĄ“ãŽæ‰čƒŊãĢ限ãŖãŸčŠąã§ã¯ãĒい。 ãã“ã§ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧがエãƒĒナãƒĒãƒŧã‚ŧãĢčĢ­ã•ã‚Œã€ ãƒĢデã‚ŖãĢæŠąã‹ã‚ŒãĢいこうとしぞす。 ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧãŽä¸ĄčĻĒã¯ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧを気éŖãŖãĻč¨€č‘‰ã‚’čŠąã™ã‚ˆã†ãĢしãĻいãĻãã‚ŒãŸã‚ˆã†ã§ã™ãŒã€ãƒ­ã‚­ã‚ˇãƒŧč‡ĒčēĢはåŋĩčŠąã‚’äŊŋえãĒいということで 「いいようぎãĒいį–Žå¤–感」を感じãĻいたようです。 けお、すぐãĢã™ãžã—éĄ”ãĢæˆģãŖた。 - ああいうã‚ŋイトãƒĢだけお、原はč‡Ēč™ã§ã¯ãĒいぎです。 かãĒりペãƒŧ゚が旊いですね。 å‡ēäŧšãŖた魔族ãƒģãƒĢイジェãƒĢドとともãĢ、 フã‚Ŗットã‚ĸ領へとæˆģる旅をすることãĢ。
77 66