エヴァンゲリオン 2 号機。 エヴァンゲリオン (架空の兵器)

Mark09 第一のアダムスの器 (移行中間形態)ゼーレ仕様 出典: 第13号機が覚醒状態になった後、Mark09に頭部が生え変化した姿。 また、虫歯型死徒襲来の際は3号機を死徒と疑い連行しようとした。 魂は第13号機に保管されていました。 零号機 出典: 専属パイロット:綾波レイ この機体は最初に製造されたプロトタイプ(試作機)のエヴァです。 搭乗者:• ヴンダーの動力炉に強制点火したり、新装備である双刃の薙刀を振るってMark. 牙が鋭く変化して上顎と比べて下顎の犬歯がサーベルタイガーよろしく大きく伸び、四肢の関節変型や尻尾が生えるなど、ネコ科のような特徴が随所に出されたより獣らしい姿に変身できるようになっている。 人間の頭蓋骨のような頭部を模し、の爆心地にWILLEが降下する際、無数に現れた。 フィールドを発することは無く、機体の周囲に小型ユニット4基(モニターには「RS Hopper」と表示されている)を浮遊させ、この端末からA. このビットは複数のサイズが存在し、すべてを合体させることで、強力なビーム砲としても使用できる。 初出はアニメ雑誌『』1996年1月号表紙の山下いくと画のイラストより。
29
『Q』本編では経緯不明だが、『破』上映時の次回予告では「ドグマへと投下されるエヴァ6号機」という台詞とともにMark. 綾波レイ(機体相互互換試験、第14使徒ゼルエル戦 のみ)• 後の『』ではコンセプトが若干改められ、マゴロクソードを装備できるように手のデザインが変化している。 近接格闘とマゴロックスを用いて前述のMark. しかし、封印柩に潜んでいたコード4Bによる攻撃を受け窮地に陥ったが、瞬間的に覚醒状態となった初号機によってコード4Bが破壊され、改2号機は地上に帰投した。 2020年9月16日閲覧。 。 眼:ゴーグル型 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に登場するEVA。 ゼルエル戦で出てきた意味は… -- 名無しさん 2018-07-11 11:43:59• 仮面の形状も若干異なり、仮面に「IX」「X」「XI」「XII」の字のスリットが刻まれ、「X」の字のスリット中央部分に単眼のカメラアイがある。 。 両肩のウェポンラック後端にレールが設置され、これを介して地面に対してうつ伏せの姿勢で全翼機に搭載される。 D型装備(耐熱耐圧耐核装甲) 第拾話に弐号機に装着される形で登場。
所属:NERV• 眼:複眼(8個) 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』本編後の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』予告にて初登場 渚カヲル(、パチンコ・パチスロ)• 最後のボスであり死徒として覚醒したカヲルを取り込み、ターミナルドグマで初号機と対決した
一方『エヴァンゲリオン ANIMA』ではロンギヌスの槍の犠牲になった弐号機を救出するべく、量産機との戦いへ出撃している 水中にいる使徒を捕獲するための装備だが、外見はEVAの大きさに合わせたリール式の釣竿である
『Q』では第10の使徒戦で失った右顔面・左腕を機械パーツで補修した、じみた(あるいは化した)外貌の「 改2号機」として登場 神経接続や生命維持システムは外部からの干渉で切り替えが可能だが、機体の稼動に関してはこちらが優先される模様
また、いくつかのシナリオでは、スタート時点から3号機パイロットとなっている 新劇場版では、マリ・アスカが「裏コード」を使い2号機の装甲を解除、EVAのベースとなる使徒本来の力を発揮した
ビーストってなんのためにあったんだ フィールドを全て破壊するなど奮戦するも、第10の使徒の圧倒的戦闘力には及ばず左腕と右顔面を失い中破、避難していたシンジをシェルターからジオフロントに連れ出した後、活動を停止した
さらに新劇場版では「バチカン条約」というものが存在し、一国当たりのEVA保有数が3機に制限されている に似た形状をしているのが特徴
「」を参照 武装 [ ] 白兵戦用 [ ] プログレッシブ・ナイフ EVA各機に標準装備されている近接戦闘専用武装 碇シンジ・渚カヲル(ダブルエントリーシステム)(『Q』のみ)• この武装は、背中に固定された状態でも使用できる
正式名称は 汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン(はんようひとがたけっせんへいき じんぞうにんげんエヴァンゲリオン)である 旧劇の最後は一応暴走での再起動だったきがす -- 名無しさん 2013-11-09 21:59:43• それより前の『』および同名の漫画でもケンスケが担当していたが、実際には搭乗せず、ゲーム版では本編同様消滅していた
マリに頭部を破壊されるも、気にすることなく稼働し続けていました アダムスの器たる完全な同型機で、Mark. 専用バッテリーユニット アンビリカルケーブル非接続時の稼働時間を30分延長できる外付け式の電池
38