ベース ボール マリオ。 任天堂「マリオカート」と初のコラボレーション サイクルベースあさひ限定キッズサイクル「マリオカート 16

前作とは異なり、丁度クッパブロックで止めると-50ptsとなる 打撃 - ハートショット:ハートを纏わせることで打ったボールを見えにくくする
ワルイージ 投球 - ウソツキボール:分身魔球のようにボールを2つにして投げることで相手を惑わせる ピーチリンク フィールド全体が凍っていて滑るステージ
ただし、発射されるおじゃまアイテムに当たったり、取り逃すとミスとなる 『』 - リミックス10のモードのオリジナルのBGMで本作のBGMのリミックス曲が使用されている
あらかじめ決められている自分の色と同じオバケにボールを当てればより多くの得点がもらえる 4人全員が横一列にシャインブロックが並んだ時にスポットライトが点き、一番早く丁度シャインブロックまで壊したプレイヤーにボーナスポイントが加算される
前作『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』に引き続き、とが開発を担当 チャレンジモードで同チームとなるメインキャラクター二人のスペシャル技は基本的に効果は一緒だが、一部違う部分がある時がある
デイジーシップ(隠し) 豪華客船のステージ 後の作品『』のエンディングに登場する
99
2人 - 4人プレイでは1人が打席に、残りの3人が守備位置に立ち、3人側はアタックで鉄球を跳ね返す事が可能だが、鉄球に当たるとポイントを失う。 3巻巻末の漫画ではタタンガの手下たちがクッパに雇われているという設定でマリオたちに襲い掛かる。 (あかカメック、きいろカメック、みどりカメック)• デイジー• 両翼のワンワンに当たると弾かれてボールを落としてしまう。 すぐに通常の軌道に戻る。 クッパJr. また2個以上のタルを破壊するたびにメーターが上がっていき、MAXになると茶色のタルが出てきて、それを破壊すると、全部のタルが破壊でき、1人プレイのスペシャルレベルでは球が3個増える。 クッパ城の中のスタジアム。 また、画面奥にはスロットがあり、止まった絵柄によって様々な効果を発揮する。 キャプテン [ ] ()は、そのキャラクターをキャプテンとしたときのチーム名。 ジャンプが得意で特殊アクションが二つともジャンプ系である(スーパージャンプ、壁ジャンプ)。 当サイトは、著作権を侵害する目的ではありません。
58