メトグルコ 回収。 回収情報(医薬品)

92 8
今回の発表に対して当院薬剤科が対象薬品について調査した結果、過去に自主回収の対象ロットの取り扱いがあることがわかりました。 メトグルコ錠ではPTP包装品の複数のロットから管理指標を超える発がん性物質N-ニトロソジメチルアミン(以下「NDMA」)が検出され、原因は明確でないものの、PTPアルミ箔の印刷インクに含まれる物質が、錠剤中原薬に僅かに残留していた原料と反応して生成された可能性があるとのことです。 【対象製品】 1 メトグルコ錠250mgおよび錠500mg(大日本住友製薬株式会社) 2 メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」(日本ジェネリック株式会社) 【製品に関する問い合わせ先】 1 大日本住友製薬株式会社 メトグルコ錠回収専用ダイヤル TEL 0120-870-851(受付時間:9:00~17:30(5月10日までは日・祝日を除く。 【追記】 2020年4月27日:メトホルミン500mgMT「JG」の自主回収について• 今回問題となったメトグルコ錠から検出された発がん性物質によるリスクは、大変小さいと考えられます。 同社のMRは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月中旬から原則、訪問活動を自粛しているが、今回の自主回収に関して担当先に連絡を開始し、必要に応じて訪問での対応も行う。 今回自主回収となったのは 先発品のメトグルコのみ 記事執筆時点 大日本住友製薬の先発品・メトグルコ錠と、日本ジェネリック株式会社のメトホルミン塩酸塩錠500㎎MT「JG」です。 各クラスのリンクが有効になっていない場合は現時点で当該クラスの回収情報はありません。 メトグルコは、製剤まではフランスで、包装など最終製品化は日本で行い、大日本住友が販売している。 回収するのは「メトグルコ錠250mg」と「メトグルコ錠500mg」の2種類。
37