十 二 国 記 二 次 小説。 頂きもの サ行

『丕緒の鳥』(2008年)…「月の影 影の海」の直後• 十二幻夢組曲(2002年7月24日、ビクターエンタテインメント)• その後、元州城に潜入していた尚隆に見つけられ負ぶわれて迷宮を抜け出せた六太は斡由と対峙し自分の考えを伝えるが、斡由は非を家臣の白沢や更夜へなすりつけようとする。

「月の影 影の海 八章 - 終章」2002年9月5日発売 、• 1996年には週刊誌の書評コーナーで評論家のが『図南の翼』を絶賛し、2000年には雑誌『』で評論家のが紹介するなど、注目を集めた。

『十二国記』の構想のきっかけとなった作品。

引き返す途中で出会った琳宇の神農・習行は、6年前に運ばれた荷について知っていた。

『東の海神 西の滄海』(1994年)…約500年前• 妖魔から受けた怪我が元で衰弱していく清秀を支えて慶国にたどり着くが、清秀は和州止水郷で郷長・昇紘の馬車に轢殺されてしまう。

六太はそこで牢に閉じ込められた先の元州侯・元魁と遭遇し、斡由の過去や人となりと、斡由の目的が誉められる事であることを知り、斡由は民のためにならないと確信する。

長岡義幸「新潮社ヒット連発、10年ぶりの快進撃」『創』2020年2月号• 「永巡よ、何をしているのだ」 「月を見ていた」 「月か……そなたは良く空を見ているが何かあるのか?」 ネロの質問に内心びっくりした。

神農(丹薬の行商人)の酆都が案内として加わり、驍宗を探すため5人で文州を目指すことになる。

銃無双の爽快さだけでなく、治癒力のある弾丸でケガを治したり魔眼の力で薬になる植物を見分けたりと、主人公が様々な形で活躍する点も作品の魅力を増幅させています。

シリーズ誕生のきっかけとなった講談社の担当編集者が新潮社に転職して文庫編集部に配属されて、そのまま作者の担当者になり、2012年4月にシリーズが講談社から新潮社に移籍し、一般向けの新潮文庫から完全版が刊行される運びとなった。

表紙と挿絵はで、人物や人外の存在が美しく迫力をもって描かれている。 美術監督 -• 「東の海神 西の滄海」1994年5月26日発売 、• 『落照の獄』: 瑛庚(柳国の文官)• 王や一部の高位の官は神仙として不老を与えられ(特殊な武器で殺すことは可能)、王は死ぬまで統治をおこなう。 月の影 影の海1 (第1話、第2話)• 傷ついた驍宗と李斎を守るという強い思いから、泰麒は初めて折伏に成功し、饕餮を使令に下すという前例のないことをやってのけたのであった。 元々『図南の翼』まではホワイトハート版のみで刊行されていたが、後に講談社文庫からも刊行されるようになった。 生き物は特別な木から生まれるため、女性は出産せず、現実の男女観・ジェンダーとは異なっている。 「芳国の国主である月渓」宛てであったが、月渓は国に宛てた書状を一州侯に過ぎない自分が受け取るわけにはいかないと言う。 ラズベリーパイ 続・全て計画通りに婚約破棄をした、問題はその後だ ラズベリーパイ 乙女ゲーム悪役ヒロインは攻略本を片手に人生イージーモードを満喫する予定です(仮)(自作イラスト追加しました) ラズベリーパイ 高性能メイドは、やれば出来る子です! 元々小野はという少女小説レーベルで少女小説を書いており、読者の少女たちにファンレターで悩みを打ち明けられることがあった。 『華胥』: 朱夏(才国の高官)、慎思(才国の高官、実は黄姑)• 『漂舶』(1997年)…約400年前• 第21話「風の海 迷宮の岸 転章」において、十二国の王と麒麟が紹介された(アニメ未登場者はシルエットで登場)。
36
設定や描写にやや粗削りな部分があるのが惜しまれますが、テンポの良さや健気な獣人ヒロイン・キャロの可愛さも申し分なく、みごと受賞を射止めました 『冬栄』(2001年)…「風の海 迷宮の岸」の直後• 「月の影 影の海 十章 - 十一章」2002年12月25日、• 「ダ・ヴィンチ」2003年7月号の著者インタビューによると、シリーズ名が付けられたのは編集部からの要望によるものである
延麒と景麒が駆け付けことなきを得たが、自分たちの存在が少なからず慶国の負担になっていると悟った泰麒は、戴を救うのは戴の民しかいないと李斎に告げ、共に戴国へ戻ることを決意する 風の万里 黎明の空2 (第25話 - 第27話)• 人気により同一世界を舞台とする作品が増え、徐々に綿密な世界観が明らかにされていき、シリーズになった
雁国へたどり着いた陽子を待っていたのは楽俊であった 少女の名は珠晶、恭国首都連檣の大商家の娘でわずか12歳、家から騎獣と金を持ち出して家出していたのである
2通の書状は冢宰に預け、青は月渓の官邸に逗留することになった 旌券には陽子が裏書していた
最初に執筆された『魔性の子』(1991年)はホラー小説で、舞台は現代日本だった 「やめてくれ、その方は台輔だ!」と
十二幻夢絵巻(2002年10月23日、ビクターエンタテインメント)• 審理に詰まった瑛庚ら司法府の3名は、直接狩獺に面会しようと牢へと赴く それは泰麒が姿を消した時期とも近いことから、亡くなった武将が驍宗である疑惑を否定できす、李斎も老安を訊ねる
驍宗の身を心配する泰麒は、ただ2つしか持たない使令を驍宗のもとに差し向けるが、文州の乱は単なる暴動ではなく、大逆の一環だったのである あらすじ 青年・カズヒロの唯一の趣味は、眠ること
泰麒は阿選に、自分を斬り驍宗に背いたことを恨んでいるが、天意の器に過ぎない自分は阿選に王気があることを認めないわけにはいかない、と告げる 『東の海神 西の滄海』(登場国:雁)1994年• 失敗は次で取り戻せ」 「……分かりましたお師匠様」 そう言ってサクラ達を追う桃香
16