くま 川 鉄道。 くま川鉄道復旧費、事業者負担ゼロに 国が97・5%支援、早期再建へ特例措置

郵便局も被災するなどし、対応が困難だからです。

多良木高が閉校する来春以降は、さらに通学利用者が増え、混雑に拍車がかかるとみられている 天気の良い日は扉を開けて換気をしている(2020年10月、河嶌太郎撮影)
被害状況• この1両は、被災していない区間に移動させ、そこで運行することを考えているそうです 路線データ [ ]• 湯前駅からの村所を経て杉安駅・西都バスセンター間を結んでいたのもに湯前駅 - 村所が西米良村営バス、に村所 - 西都バスセンター間がバスに移管された
同協議会は、くま川鉄道の復旧へ向けた財政支援策などを協議するため、2020年12月にくま川鉄道、熊本県、沿線10市町村が設立したもの キャンセルの可否と条件 キャンセルはできません
内部は観光列車仕様のため、座席が向かい合ったボックスシートやテーブルがしつらえてあり、通勤仕様より定員が少ない 8kmを球磨川沿いに結んでいますが、途中の川村~肥後西村間にある登録有形文化財の球磨川第四橋梁が流出
井口川橋梁• 御溝橋梁• 輸送人員は減少傾向にあるが、沿線のが統廃合のため2017年度をもって募集を停止したことにより、近隣から高等学校が消滅した・から人吉温泉駅方面への利用が増え、定期利用者に限っては2015年の約51万9千人から、2017年には約60万2千人に増加している 予めご理解をいただきま すようお願いいたします
・バス停までの送迎をされる場合、周辺の混雑をさけるため、速やかな送迎にご協力をお願 いいたします の影響で、全線で不通となっている
2月2日 - KT-202気動車の営業運転が終了 :タブレット閉塞式(人吉温泉 - あさぎり間)、スタフ閉塞式(あさぎり - 湯前間)• 鉄道事業の営業収支は横ばい状態で、28年連続の赤字と厳しい経営に変わりない
残りを熊本県と沿線市町村が折半で負担するとされている くま川鉄道の永江社長は「熊本地震からの復旧を目指す、同じ熊本県内を走る南阿蘇鉄道など、鉄道の仲間が頑張った姿を見てきていますので、後を追えるように頑張りたいです」と話しています
64

jp 鉄道ニュース(2014年12月29日掲載)2021年3月29日閲覧• くま川鉄道の全5両が浸水 エンジンがかかるのは1両だけ 熊本県を中心に80人以上の死者・行方不明者を出した「令和2年7月豪雨」。

くま川鉄道営業企画課の下林 孝課長は、車両の被害についてこう説明します。

車両 [ ] 現在の車両 [ ]• このため、全区間において当分の間運行ができない状況となりました、地元の皆さんの足の確保を図るとともに、一日も早い復旧を目指して、現在、全力を挙げて取り組んでいるところです。

また、保有車両の5両全てが浸水し、当面運行できない状況です。

この仕組みで、概算で約46億円と見込まれている復旧費のうち、自治体の負担は2・5%に抑えられる。

観光列車の集客にも限りがある」と、地方路線維持の厳しさを訴える。

結果、地元に進学先がなくなった同町や湯前町などから人吉市方面に通学する生徒が増え、朝の混雑が激しくなった。

状況が一変したのは、2015年。

この車両の浸水を除去し、車両がそれ以上錆びないよう処置をして、この1両は何とか動かせるようになりました」といいます。

豪雨で氾濫した球磨川流域の同県あさぎり町にある南稜高の昼休み。

48 21