あいち トリエンナーレ 慰安 婦。 あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」『慰安婦』の英訳は『Sex Slave(性奴隷)』

大河内 憲一 on• この朝日新聞文化財団は、朝日新聞の代表取締役社長が理事長、NO2の常務理事は朝日新聞OBが務め、評議員にはテレビ朝日代表取締役会長や朝日新聞東京本社文化くらし報道部長が名を連ねる。 48
表現の自由は大事だが、それは私的なイベントで実施すべきものだ 一部、 北朝鮮の兵士に関する写真がありました
(ブログより) — 杉田 水脈 miosugita 「海外の慰安婦像に対しては「事実と違うから撤去しろ」、国内の愛知トリエンナーレや広島トリエンナーレには「表現の自由」で展示を認める 一番スペースを使っているのが朝鮮人強制連行追悼碑で、次が慰安婦関連
愛知トリエンナーレで過去に展示されたもの April 16, 2021• 2日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会合が開催されているバンコクで、日米韓外相会談があった
「あいちトリエンナーレ」は税金が投入されている 表現の自由という考えもありますが、残念ながら「あいちトリエンナーレ」は文化庁も予算を出しているという芸術イベントで多くの税金が投入されているのです 作品展示の決定権限を持つ芸術監督の津田大輔も実行員会の委嘱を受けていた(つまり実行委員会という公的機関側の人間) 要するに、 「表現の不自由展」は行政の努力によってはじめて展示可能になっているものであって、行政が自分らで運営している事業についてどの作品を展示するかを決めるのは法令に抵触しない限りは基本的に 行政の裁量の範囲内なのです
さらにこれが出てくると……. 映画評論家の氏は、「これで『慰安婦』少女像の展示が中止になれば、『表現の不自由』展はアートとして見事に完成するね」と述べている 撮影はOKだけど会期中はソーシャルに上げないでね、とのこと
津田大介のデマや変態発言による被害者は、どれほどいるか分かっているのか? 津田大介だけではなく、このような変態に芸術監督を任せ、税金を使った反日イベントを開催させ、連日応援してきた朝日新聞社の責任こそ問われるべき このタイミングで、日韓の紛争の原因になってきた慰安婦像を日本の公的空間に展示することは、主催者たる愛知県(および補助金を出した 文化庁)が、外交ルールに違反してきた韓国政府を支持すると表明するに等しい
May 19, 2021• 私は、実際に「表現の不自由展・その後」の展示を見ておりませんが、展示をご覧になった方で「sex slaves 又はsexual slavery」の英訳にお気づきになった方がいらしたらから情報お寄せください 引用元 朝日のやりたい放題は、大変な事態を引き起こしてしまったのだ
96 27