アストロ プレイ ルーム。 PS5『アストロプレイルーム』の小ネタが懐かしくて楽しすぎる話【微ネタバレ注意】

最近だと任天堂スイッチのリングフィットアドベンチャー的なエクササイズを兼ねるようなソフトは需要がありますね。

雰囲気にあったものを配置するように考えると、寒そうなところやリゾートよりも、ジャングルや洞窟の方がゲームにしやすく数が多いというのがあるのかもしれません。

風ノ旅ビトといえば、少ないコミュニケーション機能で知らない他人と一緒に旅をするゲーム。

気になった点は、ダウンロードに失敗するソフトがあること。

様々な絵を描くことで物語を進めていくユニークさで話題になったゲームです。

『Astro's Playroom』では弓矢にパラグライダーなど、ステージごとに異なるガジェットが手に入るし、カエルやサルなどのロボットスーツを装着して、しばらくまったく別の操作系でゲームを進めることにもなる。

フレンドの人といいねしたり緩く繋がるの好きだったから. Demon's Souls 火防女と向き合う主人公で『Demon's Souls』が再現されています。

でも、個人的に「こ、これは!!!!」と感激してしまったのが、 これ!!www プレイステーション2やプレイステーション3が発売される前の技術デモで、伝統的に使われてきたアヒルじゃん!!!ww いやあ、まさかプレイステーション5の中でキミに会えるとは……>< ベテラン記者は、皆ここで感涙に暮れることだろうなぁ……。

トゥームレイダー 高台から高台へジャンプするララ・クロフト。

41

Marvel's Spider-Man ですね。

風ノ旅ビト• だが、このハプティックフィードバックが呼び起こす感動はかなりの割り合いで音に依存しているらしい。

つまりASOBI!チームが作ったソフトを遊べば……プレイステーション5と専用コントローラーのDualSenseの機能をあらかた体験できちゃうってわけか!! ではでは、さっそく遊んでみる。

3つめは、ラスボスですw ネタバレになるので具体的には伏せますが、本作のラスボスはプレイステーションマニアじゃないと元ネタがわからないようになっていますw プレイステーションが誕生してから約26年。

PS5の性能には概ね満足ですが、ローンチ直後のちょっとした混乱もやっぱりあるといったところでしょうか。

ロードが長ければストレスに繋がることもありそうだが、2、3秒もすればゲームを再開できる。

月下の夜想曲の主人公アルカード。

遊んだことがないのと、日本での知名度が高くないので全く知りませんでした。

The order 1886 ボリュームが少なかったり、内容がいまいちだったりで色々言われていたゲームという印象の『The order 1886』。