ゲーム ストップ と は。 ゲームストップ相場仕掛け人、自称アマチュア投資家提訴-株価操縦で

76
空売り残高が大きい銘柄では、意図せぬ急騰が起こると、ショートスクイーズという仕組みによってさらに株価が上昇することがある 日本でいえばゲオのような業態のゲームストップが、なぜ米国の主要航空会社のデルタ航空を上回る2兆7000億円もの時価総額をつけるにまで上昇したのだろうか
ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております 実際に、ヘッジファンドとしても名高いメルビン・キャピタルは、ゲームストップをはじめとした空売り中心のポジションが狙い撃ちされた形となった
特にNFTと親和性の高いゲーム業界でゲームストップが今後どのようにシナジーを生み出すか投資家の注目ポイントになる <ホワイトハウスも注目> 市場の混乱にはホワイトハウスも注目
それは個人投資家より機関投資家を優遇するという類いのものではなく、あくまで「健全な市場のため」ということでしょう 米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット
AMCとステレオ・ヘッドフォン製造のコスは40%以上急落 うまく行かなくなると急反転する」と述べた
金融分析会社S3パートナーズによると、空売り筋は2日の取引で総額33億9000万ドルの含み益を得た ゲームストップのさえない業績を踏まえて株価下落を当て込み、『空売り』を仕掛けていたヘッジファンドに、個人投資家が対抗する機運がSNSへの書き込みを通じて高まっていたという」(原文ママ) つまり、ゲームストップの業績不振に付け込む形で、利益を得ようとしていた機関投資家や大手ヘッジファンドに対し、大量の個人投資家が参戦し、対決していたというのだ
専門家は、規制当局が、金融市場で影響力が増しているヘッジファンドなどに関する調査を急ぐとの見方を示している ゲームストップの暴騰・暴落劇の背景 米国で突如巻き起こったゲーム小売チェーンの暴騰劇
34
<新たな空売りも> ゲームストップ株は27日の通常取引で135%上昇 これまで機関投資家には個人投資家は勝てないよね、という世界だったが、今回は個人投資家が機関投資家を倒した
レディットの人気フォーラム「ウォールストリートベッツ」には「最悪の局面だ」「まだゲームストップ株を保有している」「390ドルで買って大損した」といった投稿が寄せられている テスラやビットコインと根は同じ? GME株をめぐる攻防戦で守勢に立たされ始めた機関投資家の現状を報じている
関連: ゲームストップはニューヨーク証券取引所の上場企業であり、実店舗以外にもオンラインでの商品販売を行っている 任天堂やソニーのゲーム機やソフトが、パッケージで売られている
本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、 金融商品の勧誘や購入、投資手法や判断を読者に扇動、強制するものではありません 個人投資家が総体としての自分たちの力に酔っている間は銘柄の物色が続くのかもしれませんが、そう長続きはしないのではないでしょうか
【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• <ゲームストック株、プットオプションの取引急増> ゲームストック株が急落するなか、同株のプットオプションの購入も膨らんだ 時事通信の記事でも言及されている「上で連携し、仕手戦に参加しているとみられる各ユーザーの書き込みを数日前までさかのぼって見てみた
相場操縦に該当するのか SNSでの呼びかけが相場操縦に該当するかどうかは判断が難しいかもしれません 一方で困ったのは、ゲームストップ株の下落を予測し、空売りを仕掛けるヘッジファンドたちだ
専門家は、規制当局が、金融市場で影響力が増しているヘッジファンドなどに関する調査を急ぐとの見方を示している アナリストは、個人投資家の熱狂的な買いは長続きしないとし、問題はいつ終息するかだと述べている