義足 セミヌード。 アスリートの《中西麻耶さん》のトップセールスマインド-伝説の営業マン

しかし、 中西麻耶さんは「切断」を選びます。

何を言われようと費用を捻出して大会に出場する意欲のあった中西麻耶さんの強さは本物ですね。

とても厳しい環境の中でも常に前向きに自らと戦い続ける姿に 多くの共感が寄せられています。

あなたのセールス人生を変える一冊がここに!トップセールスになるべく日々研鑽を積んでいる皆さんに、お勧めの一冊を紹介します。

ところが2006年9月、悲劇が襲う。

周囲は祝福の声を送ったが、中西の思いは違っていた。

中西麻耶さんの競技に必要な費用は海外遠征費用・競技用義足を含めて 年間500万円ほどかかるそうです。

08年北京パラリンピックでは同2種目で入賞を果たした。

脚を失い、生きがいを失い、自分自身さえも失ってしまいそうだった中西。

また日本から、もう一人決勝に進出した高桑早生(24、エイベックス・グループ・ホールディングス)も5位に終わった。

理由は働きながらテニスをしたかったから。

美しすぎる中西麻耶さんの素顔 美貌と実力を兼ね備えた中西麻耶さん。

2009年より米国に練習拠点を移す。

義足の陸上選手、中西麻耶選手が、ロンドンへの渡航費や活動資金のためセミヌードカレンダーを発売しました!中西麻耶選手は、8月29日開幕のロンドンパラリンピックで、金メダルを目指すべく、日々鍛えています。

理由はなんとしても軟式テニスの国体に出場したいという強い想いからでした。

「私がなくしたのは右足だけで、 テニスへの思いはなくしていません。

97