やまと 尼寺 精進 日記 ブログ。 対人恐怖の人は「やまと尼寺 精進日記」を観てほしい

44

みんなが美味しいものをもってくるので観音寺には美味しいものが上がってくる。

3人が旬の地元の素材を使ってさまざま工夫して作られる お料理の数々は、見た目もとても美味しそうで素晴らしいですね。

人と人が触れ合えない。

あまねく開かれた門=誰もかれも助ける。

ただし「生活の質」という点で考えれば、尼寺の暮らしは文句なしの高レベルです。

- 3月のWikipediaにはこのように書かれています。

「やまと尼寺精進日記」はやはり「終」でしたね。

番組のナレーションは俳優の「柄本佑(えもと・たすく)」さんです。

64
・夏は暑いが、お寺は少し涼しい 境内の敷地がもっと広ければ、ご住職は思いっきり園芸をたのしめるのでしょうけれど
・11月の末にお葉付きイチョウ祭りがある 静かな公園が近くになくても、ちょっとした工夫で気分転換を試みてもいいですしね
こうした周囲の人々との持ちつ持たれつの間柄や自然の恵みを余すことなくいただく料理のレシピ付き本の2冊目が出ているのですね ・音羽山の四季
たまたま檀家を招いて精進料理が振舞われました 暇そうなので「これ手伝って?」とか言っていた
若く見えるなーと感心しきり 20歳から40歳までの間ならいくつにでも見えるというタイプですね
季刊くらいで そしてお茶を立てるのは、何とまっちゃん!それもきれいな着物を着ちゃって
・音羽山の四季 睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、文月、葉月、長月、神無月、霜月、師走
何でも捨てる傾向の昨今、ある物をできる限り使いつくすというのがかえって新鮮 天然アユの炭火塩焼きはたまらなくおいしい
18