翠川 秋子。 【翠川秋子の画像】心中事件の相手は誰?旦那+子供(子孫)は?

退職後は後藤が会長を務めていた社団法人家庭電気普及会発行の雑誌「家庭の電気」の編集主任 、の美術教師、での広報雑誌編集などを務めたものの長続きせず、友人とサン・スーシー社を設立して雑誌「皮肉」を創刊しその主幹となる 「あなたは身辺を取り巻く世間のうわさに対してどんな態度をお取りです?」という記者の質問に「一々怒っていても大変だから聞き流してるわ
そこには、秋子の回顧録の一部も 「母としてどうか?」「女としては?」という視点からの批判に加えて、「無関係な若い男性を巻き込んで」という非難もあった
NHKを退社した彼女は雑誌記者として活躍し、第二のキャリアをスタートさせました 独りたそがれの海辺に立ち、または上弦の月の美しさを心ゆくまで眺めながら、いつも帰る家なき身をいかに寂しく、いかに悲しく思ったでしょう
ミシンや編み物の教授、副業仲介、それに職業仲介 「婦人文藝」も10月号で事件関連の特集をしている
「冷酷な現代の社会機構の重圧のために、遂に母性から女性に転落 前記洋子なる者の死体と推定され、北条署員が検視に向かった
来歴 [ ] 東京で、前にはを務め荻野流であったの家に生まれる ああ神様、どうか幸福を与えてくださいませ
「新名常務理事は『翠川さんは新年早々辞表を出されまして、一身上の都合でぜひ辞めなければならないからと言われますから、ことに婦人のことでもあり、別に干渉がましいことを言わずに聞き届けました』、と簡単に受け流していたが、昨日まで机を並べて仕事をしていた同僚や、職務上当然退職などについて知らなくてはならない地位にある人までが『何で辞めたか一切知りません』と逃げていた」と書いている 当時にしても書きすぎではないか
45

当時にしても書きすぎではないか。

1935年8月21日付夕刊各紙は大きく秋子の遺体発見を報じた。

家庭電気普及会は後藤新平が会長の社団法人。

また、荻野先生が、タップのパイオニアであるように、荻野先生のお母さまが、 翠川 みどりかわ秋子という、NHKの初代の女性アナウンサーだった、という事を知ったのも、 驚 おどろきだった。

「翠川秋子女史の年下の青年との情死事件は、同女史の家出当時、『母の務め終われり』として一人行方をくらましたと一般に考えられていただけに、意外な感を抱かせました。

日本初の女性アナウンサーであった翠川秋子の後任であったが、担当はアナウンサーではなく、社会教育課内の家庭部の主任として、番組編成などを司った。

11 43