セーター 干し 方。 ハンガー1本でセーター・ニットを伸ばさず干す方法

ポイントは、襟や袖口など汚れが気になる部分を外側にしてたたむことと、ネットの中でセーターが泳がないようぴったりサイズのネットを選ぶことです。

2本のハンガーを適当な幅に広げて竿に下げる これで、即席平干しハンガーの完成です。 おうちクリーニング• 平干しネットを使わない時には、折りたたんで収納できるので置き場には困りません。 と考えている人もいると思います。 用途によって使い分けができるって便利ですよね。 洗濯ネット• ただハンガーを使って普通に干してしまうと、 セーターやニットは確実に肩の部分に ハンガー跡が残ってしまいます。 衣装ケースにも余裕ができ、シワや型崩れを防ぐことができるでしょう。 ウールの表面は、髪の毛のようにキューティクル状になっています。 ハンガーに洗濯ネットを洗濯ばさみで留める• 生乾きの状態まで乾いたら、取り込んでアイロン台に広げます。
12
ウールは濡れている状態で熱風をあてられると縮みなどの原因になります ポイントは、プレーンな型で装飾がなく、絹・レーヨン・キュプラ・アセテート素材(混紡含む)でないこと
実際、水洗い可能の表示がある衣類であっても、洗い方によっては、色落ちしてしまう可能性があります もし 、 洗濯機を使用して洗うのであれば、「デリケート洗い」や「スピード洗濯」を選び、短時間で洗うことがおすすめです
ただ、挟むタイプの方はちょっと力が必要です 2:セーターやニットを洗濯する際のポイント セーターやニットを自宅で洗濯する場合は、 「中性洗剤」を使うと良いでしょう
簡単なのでぜひ試してみてくださいね 洗濯表示を確認する セーターには、自宅で洗えるものと洗えないものがあります
そちらも気になるところ しかしセーターは、着用するたびに洗濯するものではありません
洗濯洗剤の選び方 ウールやカシミヤ素材を洗う際、最も大切なポイントが洗剤の選び方です 中でも 「おしゃれ着用洗剤」は1番衣類に優しく、まさにニットやセーターなどデリケートな衣類を洗うために作られた洗剤です
25
突っ張り棒を使って干す• サイズが合ってないと中で動いて意味がありません 乾燥機はセーターやニットにとっては強力すぎるので、基本的には使わないようにしましょう
そうすることで、袖が伸びるのを防ぐことができます ハンガーに掛けて干すと、ハンガーの跡が付いてしまったり、セーター自身の重みで伸びてしまったりします
色柄物は 色あせしやすい このように日光が当たる事によって、 黄ばんだりゴワゴワになったり色褪せしてしまったりと、セーターやニットに悪影響を与えてしまいます
ちゃんと洗濯機を使って洗うことができます 平干しには専用のネットがありますが、ホームセンターなどでは数百円から1,000円以上のものもあります
また、 ブラッシングは摩擦による繊維の絡みをほどくため、毛玉予防にも効果的です 脱水は1分以内に設定しておきましょう
普通の衣類と同じように洗濯してしまうと、 伸びたり縮んだりするだけではなく、 毛玉ができてしまったりと、 散々な結果を招くことにもなりかねません とにかく、セーターやニットの自重を分散させることが大切です
4