電気 治療。 接骨院で行う電気治療の意味・効果!悪化することもある?

炎症の抑制• 関連記事. ・鍼灸 鍼(はり)やお灸で体のツボを刺激することによって自己免疫力を高め、病気や怪我から回復を促すという施術法です。
ここまで、一般的な電気治療について解説しました そのため、リンパの流れが良くなり、血流も良くなります
まとめ 以上、5つの項目にわけて紹介していきます でも、 通うのに時間もかかるし、お金もかかるので、 頻繁にはいけないなぁとも思ってしまいます
また当院では主に痛みの改善に使われていますが、創傷治癒、浮腫の改善にも高い効果を示すことが研究によって明らかになっています 電気治療に用いられる電気エネルギーを周波数のうえからみると、平流、低周波、短波、超短波、極超短波の順に多くなる
スポーツテーピングは、外反母趾や腰痛、そしてスポーツをしている方の体の問題を解決するためのものです ・骨盤矯正 名前の通り骨盤の歪みを矯正するものです
超音波治療は電気治療ではないですが、これも、中周波や高周波の電気治療と同様、深部に届きます 電気治療では、電気の刺激で筋肉をほぐし、血流を促進して、痛みやコリを緩和します
電気治療をしている• 電気治療の仕組みは、電気を流すことによって血行がよくなり、筋肉をほぐす働きをします 自然治癒力の向上• 表面に流れる電気が強いので、それを軽減させ、少しでも深部に電気を届けようとする目的で、接骨院などで用いられる低周波治療器には、表面電極より深部に伝えやすい電極(吸引電極)や目的を絞った電極が使われることが多いようです
この場合、直接水を用いることもある(電気四 し 槽浴)が、通常は食塩水あるいは水道水などで湿潤にしたガーゼや綿などが用いられる(低周波治療器) すると疲労が回復したり、血行促進効果によって自然治癒力が高まったりするのです
従来の電気治療器は、2対の電極しかありませんでしたが、立体動態波は、もう一対の電極を加えたことで3次元効果を発揮し、生体内深部の治療を可能にした治療器です そして、患者様にぴったりな施術をして痛みを改善し、確かな技術で体の健康回復をサポートします
電気的エネルギーを生体に加えて、疾病を治療する方法をいう 低周波治療器とは 低周波治療器とは、患部の表面から通電を行い、神経に働きかけ疾病を治療する医療機器です
人の手による施術 主に骨盤矯正、鍼灸、マッサージ、テーピングなどがあります ここでは、電気治療を受けられない可能性がある人、そして受けるにあたって気を付ける点を解説します
干渉波治療器について 周波数の異なる電流を身体に流すと、その電流が身体の深部でぶつかり低周波の刺激が発生します その後も電気治療の研究は2000年以上に渡って続けられ、今日へと至ります
なので、 電気治療を行うタイミングを意識してみるといいと思います 人間の耳に聞こえないほど高い周波数) 人体の皮膚には電気に対する抵抗があり、その 抵抗は周波数が低いほど大きく、高いほど小さくなる特性があるので、家庭用低周波治療器のように表面で貼るものは、ボリュームを上げるとピリピリします
この人体の性質を利用し、外部から電流を流し症状の改善を図る治療方法が電気治療です プラシーボ効果とは、 思い込みのようなもので
なお、なかには電球のように照射するものもある(極超短波治療器) 以前は整形外科分野中心に用いられてきたNMESですが、最近では脳血管障害等の中枢神経麻痺に対しても、一般的に用いられるようになってきています
56