神戸 山口組 を 研究 する 会。 神戸山口組を研究する会

健竜会は山健組の主力部隊、そして神戸山口組は山健ありき 六代目山口組が分裂する以前まで、山口組ではひとつの規定があり、除籍された者はヤクザ社会に復帰することはできなかったのだ
それにしても、三代目弘道会の勢力拡大は目を見張るものがあると、業界関係者らは口を揃える しかし、現状、神戸山口組の組織力は低下しており、神戸山口組から絶縁された織田絆誠会長率いる絆會も、除籍された池田組も、実際にはヤクザ組織として存続している
「警察の締め付けで事が起こせんのやったら、あとは説得や話し合いしかない 2017年10月2日、が本部事務所の使用差し止めを求めるをに申し立てた
加茂田元組長は1956年に三代目山口組の田岡一雄組長と盃を交わし、若頭補佐や組長代行補佐を務めたが、四代目山口組組長の座をめぐって1984年に山口組を離脱し、離脱組で一和会を結成 これまで神戸山口組から発行された回状とは、字体などにやや異なる点があったからだ
その独立組織は、神戸山口組との関係が深いと見られていましたから、水面下ではやはり何かが起こっているのではないでしょうか」 山口組分裂問題は、新たな局面を迎えつつあるのかもしれない 現在、神戸山口組を研究する会と研究の注目度は非常に高く、これからますますその注目度は高まっていくと雄鐔顥される
80 65

2016年05月02日早朝、またもや『川合興業』の事務所の窓ガラスが割られたという情報があった。

どちらの意も汲んだ条件がな」 同 しかし、現実には弘道会が切り崩しを活発化させるごとに、火種が増え続け、緊張が高まっている状況だ。

三代目山口組 田岡一雄組長 時代からの直系組織、中西組の最高幹部を務めた山川賢一初代と、昭和45年ごろに縁を持ち、大澤舎弟は山川組の舎弟頭などを歴任。

警察や公安委員会は今年の06月頃にを指定暴力団に指定できるよう、本部を特定するなど準備を進めて。

そのほか毎日のように、神戸山口組の幹部クラスの親分が引退するのではないか、離脱するのではないかなどと真偽不明の情報が錯綜するなか、対峙する 六代目山口組の中核組織・ 三代目弘道会、なかでも野内組が勢力を拡大し続けている。

今後、組員の摘発はさらに増えていくのではないでしょうか」(ヤクザに詳しいジャーナリスト) それを裏付けるかのように10月8日には、神戸山口組の井上組長宅に兵庫県警が家宅捜索をかけたようだ。

73